ニュース
» 2011年07月04日 11時46分 UPDATE

ASRock、“Gen 3”なスロットを搭載した「Fatal1ty」マザー

マスタードシードは、ASRockのゲーミングマザーボードシリーズ“Fatal1ty”の最新モデル「Fatal1ty Z68 Professional Gen3」を発表した。

[ITmedia]

第3世代のPCI Expressに対応したFatal1tyマザーボードが登場

 「Fatal1ty Z68 Professional Gen3」は、Intel Z68 Expressを搭載したATXフォームファクタ準拠のマザーボードだ。プロゲーマーのJohnathan 'Fatal1ty' Wendel氏とASRockが共同で企画したゲーミングPC向けモデルで、PCI Express 3.0対応の拡張スロットを搭載する。

 また、PLXのPCI Expressブリッジチップ「PEX8608」の実装やUSB接続マウスのポーリングレートを自由に変更できる「Fatal1ty Mouse Port」など、従来のFatal1tyシリーズで採用してきた機能も受け継ぐほか、Lucidが開発した、外付けGPUとCPUに統合されたグラフィックスコアの連動機能「Lucid Virtu」や、SSDをHDDのキャッシュとして利用できる「Intel Smart Response Technology」など、Intel Z68 Expressでサポートする機能も利用できる。

 メモリスロットはDDR3対応を4基備え、拡張スロットはPCI Express x16対応が3基(1基は16レーンと8レーン動作に対応、1基は8レーン動作、1基は4レーン動作)、PCU Express x1対応が2基、PCI対応が2基という構成だ。USB 3.0は6基、Serial ATA 6Gbpsも6基が利用できる。映像出力インタフェースはHDMIが2基とアナログRGBを備える。

 出荷開始は7月8日の予定で、実売予想価格は2万9980円前後とみられる。

kn_fatal1z68_01.jpgkn_fatal1z68_02.jpg 「Fatal1ty Z68 Professional Gen3」(写真=左)と、Fatal1tyシリーズの特徴的なデザインを採用した製品パッケージ(写真=右)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう