ニュース
» 2011年07月11日 17時00分 UPDATE

PC販売ランキング(2011年6月27日〜7月3日):現在のプッシュ商材にて意外な値引きも──「地デジ搭載PC」を買うならどれ? (1/2)

PCの販売状況は夏の新モデルが順当に上位にランクインするようになり、“地デジ”モデルも順調なようだ。【2011年7月第1週版】

[ITmedia]

ノートPC:「LaVie S」連続首位、9割が夏モデルに

photophoto 夏の新モデル「LaVie S」が首位(写真=左) 続いて富士通「FMV LIFEBOOK AH」もランクインした(写真=右)

 夏ボーナスでの需要を見込む2011年夏商戦が本格化し、家電量販店では駆け込み需要で賑わうテレビ販売コーナーと連動してPCもそこそこのにぎわいを見せている。

 首位は前回より変わらず、NEC「LaVie S(PC-LS150ES6)」が獲得。15.6型サイズのベーシックモデルとして展開する本機は、2011年7月現在、7万円台から8万円弱で販売する店舗が多く、「家庭で使える手ごろなPCを」とする層にそこそこの性能+シンプルなデザイン+リーズナブルな価格帯のポイントで高い人気となっている。連続首位記録を「4」まで伸ばした。

 続いて2位に同じくNEC「LaVie L(PC-LL750ES6)」、3位にソニー「VAIO C(VPCB19FJ)」(春モデル)、4位に富士通「FMV LIFEBOOK AH(FMVA54D)」、5位に東芝「dynabook T351(PT35157CBF)」が入った。

 このように、上位はいずれも15.6型ワイドの液晶ディスプレイに光学ドライブを内蔵する、ベーシック志向のA4オールインワンモデルとなっている。ノートPCにも地デジ内蔵あるいはチューナー付属モデルや3D立体視対応、薄型モバイルノートといった高性能・高機能志向のモデルも多く存在するが、実質的な販売傾向は実売8〜9万円台と10万円以下で購入できるベーシックモデルに人気が集まっている。

 ノートPCにおいては、“地デジ駆け込み需要”は期待しつつ、基本的な売れ筋の傾向はこれまでの商戦期とそれほど変わらないようだ。


ノートPC販売ランキング TOP10

2011年6月27日〜7月3日
順位前回順位メーカー製品名
1位1NECLaVie S(PC-LS150ES6)
2位3NECLaVie L(PC-LL750ES6)
3位5ソニーVAIO C(VPCB19FJ)
4位2富士通FMV LIFEBOOK AH(FMVA54D)
5位4東芝dynabook T351(PT35157CBF)
6位7NECLaVie S(PC-LS550ES6)
7位6富士通FMV LIFEBOOK AH(FMVA56D)
8位8東芝dynabook T351(PT35134CSF)
9位11富士通FMV LIFEBOOK AH(FMVA42D)
10位17ソニーVAIO E(VPCEH18FJ)

※表内の製品名から購入サイトへアクセスできます。
この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。




       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.