レビュー
» 2011年07月15日 12時06分 UPDATE

よく見ると似てないね:エレガントなデザインを身にまとった15型クラス最薄ノート――デル「XPS 15z」 (1/3)

デルの「XPS 15z」は、アルミの外装を採用したデザイン重視の意欲作だ。フルHD液晶に第2世代のCore i7、さらに外部GPUとしてGeForce GT 525Mを搭載しながら12万9980円という高いコストパフォーマンスを実現した「プラチナパッケージ」を見ていこう。

[鈴木雅暢(撮影:矢野渉),ITmedia]

Adamoの遺伝子を受け継ぐ質感の高いエレガントなスリムボディ

og_15z_001.jpg XPS 15z

 デルの「XPS 15z」は、15.6型ワイドの液晶ディスプレイを搭載したデザイン重視の薄型ノートPCだ。アルミ合金の外装をアルマイト加工で仕上げたボディは、厚みが24.6ミリと、15型クラスの液晶を搭載したノートPCとしては最も薄い部類に入る。基本システムに最新のSandy Bridgeシステムを採用し、NVIDIA GPU搭載を搭載していることも特徴だ。

 デルの直販サイトでは買い得構成のパッケージが3種類用意されているが、今回は最上位となる「最新高速プロセッサープラチナパッケージ」に相当する評価機を入手することができた。性能や使い勝手、静音性などを検証していこう。

 最大の特徴はボディのデザインだ。エッジに丸みをもたせた薄型のフラットなフォルムと美しい表面仕上げはひときわ目を引く。外装はアルミ合金、キーボードベゼルと一体化パームレストはマグネシウム合金を採用しており、表面はアルマイト加工により、質感高く仕上げられている。

og_15z_002.jpg 外装にアルミを採用

 デルのPCでデザインを重視したモデルといえば「Adamo」ブランドが思い出される。2009年末に登場したAdamo XPSの平均9.9ミリという超薄型ボディや個性的なギミックは記憶に新しいところだ。大きさは違えど、このフォルムや外装の仕上げ、アイソレーションタイプのキーボードなどには、そのAdamo XPSの遺伝子も色濃く感じることができる。

 デザインへのこだわりは側面、底面にまで徹底している。スロットインドライブの挿入口や各種端子類、吸排気口、底部のインシュレーター、ネジなど、1つ1つに意匠を凝らしており、すっきりと統一感のあるビジュアルだ。

og_15z_003.jpgog_15z_004.jpgog_15z_005.jpg スピーカーや底面、ネジにいたるまで細かくデザインされている

 なお、アルミ合金の外装、アイソレーションタイプのキーボード、その脇にあるメッシュ状のスピーカーなど、アップルの「MacBook Pro」と共通する部分がいくつかある。ただし、流線型の全体のフォルムも内装(パームレストや液晶ベゼル)のカラーも異なっており、実機からはそれほど似ているという印象は受けない。Webなどに掲載されている写真が似ているように見えるのは、薄さを強調するイメージカットの撮り方の影響が大きいと思われる。

og_15z_006.jpg

 ボディの具体的なサイズは、384.85(幅)×260.37(奥行き)×24.68(高さ)ミリ、重量は約2.51キログラム(構成による)だ。評価機の実測重量は2543グラムとほぼ公称値通りだった。バッテリーはリチウムポリマーを採用し、簡単に着脱できるようにはなっていないが、64ワットアワーと大容量で、公称の駆動時間は8時間22分となっている。

 気軽に持ち運べる重さではないものの、停電などいざという時に長時間駆動ができるのは心強い。ACアダプタはそれほど大きくない(実測50×127×33ミリ)が、ケーブルが3ピンでかさばるタイプだ。ちなみに、ケーブル込みの実測重量は424グラムだった。

「Sandy Bridge」こと第2世代のCore i7を搭載

 高いパフォーマンスを備えているのも特徴の1つだ。開発コードネーム「Sandy Bridge」こと第2世代のCore iシリーズを中心とした基本システムを採用しており、チップセットにはIntel HM67 Expressを搭載する。第2世代ではCPU内部の命令処理の仕組みを改良しており、第1世代に比べて動作クロックあたりのパフォーマンスが大幅に向上している。

 本体スペックに関しては、3種類あるパッケージの基本構成でほぼ固定されており、BTOメニューはオプションや付属ソフトが選べる程度の内容にとどまる。

 評価機は最上位の「最新高速プロセッサープラチナパッケージ」に相当するハイスペック構成で、CPUはCore i7-2620M(2.70GHz)、チップセットはIntel HM67 Express、メモリ8Gバイト(4Gバイト×2/PC3-10600 SO-DIMM)、データストレージが750GバイトHDD(2.5インチ/7200rpm)だ。また、右側面に光学ドライブとしてスロットインタイプのDVDスーパーマルチドライブを内蔵している。

og_15z_007.jpgog_15z_008.jpgog_15z_009.jpg CPUには第2世代のCore i7-2620M(2.7GHz)を搭載する。Intel Turbo Boost Technology 2.0に対応しており、高負荷時には最大3.4GHzまで動作クロックが上昇する。一方、低負荷時、アイドル時は動作クロックと電圧を下げ、消費電力を節約する(画面=左/中央)。振動や衝撃が検知するとHDDの動作を停止してクラッシュを防ぐHDD保護機能「Dell Free Fall Data Protection」を搭載している(画面=右)

関連キーワード

ノートPC | Dell | 薄型ノートPC | 予告 | Dell Adamo


       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.