ニュース
» 2011年07月20日 15時00分 UPDATE

アイ・オー、Windowsタッチ対応の21.5型フルHD液晶を8月上旬に発売

アイ・オー・データ機器は、タッチパネル付きの21.5型フルHD液晶ディスプレイ「LCD-MF222FBR-T」を8月上旬に発売する。

[ITmedia]
tm_1107io_01.jpg 「LCD-MF222FBR-T」

 アイ・オー・データ機器は7月20日、Windows 7のマルチタッチ機能(Windowsタッチ)に対応した21.5型ワイド液晶ディスプレイ「LCD-MF222FBR-T」を8月上旬に発売すると発表した。価格はオープン、同社直販価格は3万4800円。

 6月22日に発表済みの製品で、今回の発表では発売時期と価格帯が明らかになった。光沢式タッチパネルを採用し、指や付属のタッチペンによる2点の同時入力に対応する。タッチペンは本体内部に収納可能。スタンドには5〜36度のチルト調整機能があり、タッチしやすい角度に調整できる。表面のガラス製保護フィルターは表面硬度が8Hだ。

 輝度は260カンデラ/平方メートル、コントラスト比は1000:1、応答速度は5ms、視野角は上下160度/左右170度、最大表示解像度は1920×1080ドット、最大表示色は約1677万色。映像入力はHDMI、HDCP対応のDVI-D、アナログD-Subの3系統を装備し、出力1ワット+1ワットのステレオスピーカーを備える。本体サイズは516(幅)×144〜324(奥行き)×384(高さ)ミリ、重量は約5.6キロ。

tm_1107io_02.jpgtm_1107io_03.jpgtm_1107io_04.jpg 液晶ディスプレイの角度をつけてタッチ操作できるスタンド機構を採用。奥行きは144〜324ミリだ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう