ニュース
» 2011年07月22日 20時51分 UPDATE

ENERMAX、サイドフロータイプのCPUクーラーユニット

リンクスインターナショナルは、ENERMAXのCPUクーラーユニット3モデルの取り扱いを開始する。出荷は7月23日から。

[ITmedia]

 今回取り扱いを始めるENERMAXのCPUクーラーユニットは、「ETS-T40-TA」「ETS-T40-VD」「ETS-T40-TB」で、すべてサイドフロータイプになる。実売予想価格は、ETS-T40-TAとETS-T40-VDが4980円前後、ETS-T40-TBが4280円前後。

 ETS-T40-TAは、サイズが本体で139(幅)×70(奥行き)×160(高さ)ミリ、ファンサイズは120(直径)×25(厚さ)ミリ。重さは、本体が約617グラム、ファンが約120グラムだ。ベースユニットとフィンの素材はニッケルコーティングのアルミニウムで、直径6ミリの銅製(ニッケルコーティング)ヒートパイプを4本組み込む。

 ファンの回転数は800〜1800rpmで変更可能。ツイスターベアリングを採用する。ノイズは16〜26dBA。対応するCPUソケットは、LGA1366、LGA1156、LGA1155、LGA775、Socket AM2、同 AM2+、同 AM3、同AM3+、同 FM1。

 ETS-T40-VDは、サイズが139(幅)×70(奥行き)×160(高さ)ミリ、ファンサイズは120(直径)×25(厚さ)ミリ。重さは、本体が約612グラム、ファンが約123グラムだ。ベースユニットとフィンの素材はアルミニウムで、直径6ミリの銅製ヒートパイプを4本組み込む。ETS-T40-TAと異なり、ニッケルコーティングは施さない。

 ファンの回転数は800〜1800rpmで変更可能。ツイスターベアリングを採用する。ノイズは16〜26dBA。

 対応するCPUソケットは、LGA1366、LGA1156、LGA1155、LGA775、Socket AM2、同 AM2+、同 AM3、同AM3+、同 FM1。

 ETS-T40-TBは、サイズが139(幅)×70(奥行き)×160(高さ)ミリ、ファンサイズは120(直径)×25(厚さ)ミリ。重さは、本体が約615グラム、ファンが約121グラムだ。ベースユニットとフィンの素材はアルミニウムで、直径6ミリの銅製ヒートパイプを4本組み込む。ETS-T40-VDと同じく、ニッケルコーティングは施さない。また、ETS-T40-TAとETS-T40-VDで内蔵するLEDをETS-T40-TBは備えない。

 ファンの回転数は800〜1800rpmで変更可能。ツイスターベアリングを軸に採用する。ノイズは16〜26dBA。対応するCPUソケットは、LGA1366、LGA1156、LGA1155、LGA775、Socket AM2、同 AM2+、同 AM3、同AM3+、同 FM1。

kn_enermax_01.jpgkn_enermax_02.jpgkn_enermax_03.jpg 「ETS-T40-TA」(写真=左)、「ETS-T40-VD」(写真=中央)、「ETS-T40-TB」(写真=右)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう