ニュース
» 2011年07月28日 14時43分 UPDATE

Corsair、赤色ヒートスプレッダを装備した8GバイトDDR3メモリ

リンクスインターナショナルは、Corsair製となる4Gバイト×2枚組のDDR3メモリ「CMZ8GX3M2A1600C8R」の取り扱いを開始する。

[ITmedia]
photo CMZ8GX3M2A1600C8R

 リンクスインターナショナルは7月28日、Corsair製となる4Gバイト×2枚組のDDR3メモリ「CMZ8GX3M2A1600C8R」の取り扱いを発表、7月30日に発売する。価格はオープン、予想実売価格は8900円前後。

 CMZ8GX3M2A1600C8Rは、PC3-12800(DDR3-1600MHz)に対応した4GバイトDDR3メモリ2枚組のパッケージで、赤色ヒートスプレッダを装備したモデルだ。動作レイテンシは8ー8ー8ー24で、Intel XMPもサポートしている。


 またリンクスインターナショナルは、小型ヒートスプレッダ搭載DDR3メモリ計3製品「CML4GX3M2A1600C9B」「CML8GX3M2A1600C9B」「CML16GX3M4A1600C9B」を7月30日より発売する。いずれもPC3-12800(DDR3-1600MHz)動作に対応。それぞれ2Gバイト×2枚/4Gバイト×2枚/4Gバイト×4枚のセットとなっている。価格はオープン、予想実売価格はそれぞれ4300円前後/8160円前後/1万7680円前後。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう