ニュース
» 2011年07月29日 14時00分 UPDATE

番号ポータビリティも可能:月額1290円/約30分無料通話付き──日本通信、音声サービス対応SIMカード「talking Fair」

日本通信が、番号ポータビリティに対応する音声サービス対応SIMカードの新製品「talking Fair」を発表。8月2日に発売する。

[ITmedia]

b-mobile Fairの音声サービス対応版──音声サービスは月額1290円

photo 日本通信「talking Fair」

 日本通信は7月29日、音声通話サービスとデータ通信サービスを利用できるSIMカード「talking Fair」を発表。2011年8月2日に発売する。

 talking Fairは、データ通信を1Gバイト分/4カ月間使用できる「b-mobile Fair」に音声通話も行える機能を追加した、主にスマートフォン向けとするSIMカード製品。音声通話基本料は1年契約を前提に1290円/月、これに国内通話で最大32分30秒相当とする1365円分の無料通話分が含まれる。標準/Micro、2サイズのSIMカードより選択でき、NTTドコモあるいはSIMロックフリーのスマートフォンなどで使用できる。

 月額基本料金は1290円(プラスユニバーサルサービス料:7.35円)/月、月あたりの無料通話分を超えた通話料金は21円/30秒、SMS送信料は3.15円/通。1年の継続契約を条件とし、契約期間内の解約料は1万500円(年間契約の自動更新は行われない)。キャッチホン(210円/月)、留守番電話サービス(315円/月)、転送電話、国際ローミング、国際電話、迷惑電話ストップサービスといった音声通話向けのオプションサービスも用意する。

 データ通信部分はb-mobile Fairと同じプリペイドスタイルとなる。FOMAネットワークと同エリアの3Gデータ通信1Gバイト分を初回9800円/次回以降8350円でチャージし、4カ月(120日)間あるいは1Gバイトの通信総量に達するまで使用できる。なお、音声通話サービス利用中であればデータ通信は利用せず(追加チャージせず)運用することも可能とする。契約時の合計料金は初期手数料3150円+初月音声通話基本料1290円+データ通信チャージ額9800円で1万4240円となる。

 talking Fairは番号ポータビリティにも対応する(8月2日開始)。他社契約の電話番号からの乗り換えを可能とし、通信事業者間のSMS送受信も行える。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう