ニュース
» 2011年07月29日 17時58分 UPDATE

いよいよ販売開始:東芝、グラスレス3D立体視対応ノートPC「dynabook Qosmio T851」を発売

東芝は、専用グラスなしで3D立体視表示が可能なノートPC「dynabook Qosmio T851」を発売した。

[池田憲弘,ITmedia]

 東芝は7月29日、15.6型ワイド液晶ディスプレイを搭載するハイエンドノートPC「dynabook Qosmio T851/D8CR」を発売した。価格はオープンで、実売価格は22万円前後。

photophoto dynabook Qosmio T851/D8CR

 この製品は2011年4月20日に発表され、7月下旬発売予定とされていた。“グラスレス3D”と東芝が呼ぶ3D立体視表示に対応しており、専用グラスなしで高画質な3D立体視表示の映像やゲームなどを楽しむことができる。特定のウィンドウ内のみ3D立体視表示にしたり、DVDや録画したTV番組など2Dのコンテンツを3D立体視表示に変換することも可能だ。

 Core i5-2410M(2.3GHz /Turbo Boost Technology有効時で最大2.9GHz)とIntel HM65 Expressチップセットを組み合わせた基本システムに、8Gバイトのメモリと750GバイトのHDD、3波(地上/BS/110度CS)対応ダブルチューナー、Blu-ray Discドライブを搭載し、外付けGPUにGeForce GT 540Mを備える。ディスプレイは15.6型ワイド液晶(1920×1080ドット)だ。

 インタフェースはIEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 3.0+HS、HDMI出力、USB 3.0×1、USB 2.0×3、音声入出力、アナログRGB出力、1000BASE-T対応有線LANなどを備え、OSは64ビット版 Windows 7 Home Premium(SP1)をプリインストールする。詳しい仕様などは発表時の記事(メガネ不要で立体視、2D/3Dの同時表示も可能──グラスレス3D対応「dynabook Qosmio T851」)を参照のこと。

関連キーワード

dynabook | 3D | Qosmio | 東芝 | 裸眼立体視 | ノートPC


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう