ニュース
» 2011年08月02日 10時54分 UPDATE

ツートップ、各種業務用途にも向くWindows XP動作検証済みデスクトップPC計6製品

ユニットコムは、“Windows XP動作検証済み”をうたったデスクトップPC/サーバ計6機種の販売を開始した。

[ITmedia]

 ユニットコムは8月2日、Windows XP動作確認済みとなるPC「ViP WSS Z」シリーズを発表、計6機種の販売を本日より開始した。

photophotophoto
photophotophoto ViP WSS Z1100(左上)、ViP WSS Z1150(上)、ViP WSS Z1200(右上)、ViP WSS Z1220(左下)、ViP WSS Z1210(下)、ViP WSS Z1300(右下)

 いずれもWindows XP(SP2以降)およびWindows 7にて各デバイスの動作確認が行われているのが特徴。また安定性にも配慮した設計で、マザーボードにはIntel製/Supermicro製モデルを採用した。「ViP WSS Z1200」「同 Z1300」の2モデルはPCIスロットを5本装備し、レガシーデバイスにも対応可能となっている。

 ラインアップは、デスクトップモデルとしてPentium G620搭載のスリム筐体モデル「ViP WSS Z1100」からCore i5搭載ミドルタワー型モデル「ViP WSS Z1210」までの計5製品を用意するほか、Pentium E6500搭載の4Uラックマウント型モデル「ViP WSS Z1300」も合わせて販売される。

 標準構成(OSレス時)の価格はViP WSS Z1100/同 Z1150が4万3800円、同 Z1200/同 Z1220が7万5000円、同 Z1210が8万2000円、同 Z1300が9万5000円(いずれも税込み)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう