ニュース
» 2011年08月08日 16時02分 UPDATE

バッファローコクヨ、「節電マウス」など省電力対応の周辺機器6モデルを発表

バッファローコクヨサプライは、消費電力削減機能を備えた周辺機器「節電シリーズ」計6モデルを発表した。

[ITmedia]

 バッファローコクヨサプライは8月8日、消費電力削減機能を備えた周辺機器「節電シリーズ」を発表、8月上旬より計6モデルを順次発売する。

photophoto BSW13KE09Hシリーズ(左)、BSH4AE06シリーズ(右)

 Webカメラの「BSW13KE09H」シリーズは、USB 2.0接続に対応した130万画素CMOSセンサー搭載のWebカメラ。本体上部の「映像停止ボタン」を押すことで、映像送信を一時中断して消費電力を60%カットすることが可能だ。カラーバリエーションはレッド/ブラック/シルバーの3色を用意、価格はいずれも2390円。

 USBハブの「BSH4AE06」シリーズは、USB 2.0対応の4ポートUSBハブで、電源連動機能を搭載。電源オフ時の待機電力を99.9%カットできる。カラーバリエーションはブラック/ホワイトの2色。価格はともに2900円だ。

photophotophotophoto 左から順にBSMLU13シリーズ/BSMLU14シリーズ/BSMLW13シリーズ/BSMLW14シリーズ

 マウスとしては、USB接続対応の有線モデル「BSMLU13」「BSMLU14」シリーズ、および無線モデル「BSMLW13」「BSMLW14」シリーズの4シリーズを用意。いずれも、ボタン割り当て機能により“画面輝度の調整”を任意のボタンに割り当て可能(Windows Vista/7搭載ノートPCのみ)で、液晶ディスプレイの輝度を手元操作で調節できる。いずれも6カラーバリエーションを用意、価格はそれぞれ2530円/2390円/4680円/4000円。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう