ニュース
» 2011年08月15日 11時39分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:「確かに人は多いですが……他人事ですかね」――2011年お盆のアキバ (1/4)

お盆シーズンでも平常運転のPCパーツショップが多かった。新製品が数多く入荷し、ショップの混み具合は夏休み期間のピークをやや下回る程度。ある店員さんは「お盆もコミケも自作PCにとっては他人事ですよ」と話していた。

[古田雄介(ぜせ)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]

「期待するならTERA。でも客層は違うみたい」――1年前のお盆と比較

 8月12日、アキバには普段の週末をはるかに越える往来があった。これは、お盆シーズンに突入したことに加え、同日から東京ビッグサイトで同人誌即売会「コミックマーケット80」(コミケ)が開かれたため。あるPCパーツショップの店員氏は「コミケとアキバは、扱うコンテンツの親和性が高いので、コミケの後にアキバに寄るというパターンが確立しています。まあ、例年のことですよね」と話していた。そして「ウチにあまり関係ないのも、例年どおりかな」とも。

og_akiba_001.jpgog_akiba_002.jpg 8月12日昼過ぎのアキバ。中央通りは行列の中を歩くような混み具合だったが、ひとつ道を入ったPCパーツショップ密集エリアは普段の週末に近い状況だった

 実際、PCパーツショップ各店内の混み具合は普段の週末に近い程度だった。TSUKUMO eX.は「自作PCは買ってから組んでチューニングしてと、楽しむためにある程度の時間を要します。なので、夏休み期間でも7月後半から8月初旬にマシン一式を買われる方が多いんですよ。お盆時期からは割と平常運転に近い感じになります」と語る。

 ただし、昨年と比べると人が少ないと感じるショップも多かったようだ。

 某ショップは「昨年はコミケの帰りに『FF14をプレイするために高性能なグラフィックスカードを買っておこう』という人がいたので、店内も例年以上に盛り上がっていました。今年はTERAに期待したかったんですが、どうも動きはないみたいです。TERAの正式サービスの料金が見えてきて、いったん引いた人も少なくないですし、推奨スペックが抑えめなので、プレイするにしてもパーツの増設は保留している人が多い気がします」と漏らしていた。

 また、FF14との客層の違いを指摘する意見もあった。フェイス秋葉原本店は「FF14はFFシリーズの古くからのファンも抱えているので、10代から40代くらいの人まで購入層が広い印象。それに対して、TERAは比較的若い人たちに人気があるようです。なので、使える予算が限られているのかもしれません。まあ、それでもゲーム自体が面白ければ、じわじわヒットしていくでしょうし、何もキラーコンテンツがないより全然いいので、TERAには期待しています」と、冷静な目で現況を眺めていた。

og_akiba_003.jpgog_akiba_004.jpgog_akiba_005.jpg 2010年8月13日のPCパーツショップ密集エリア(写真=左)。クレバリー1号店で売られているFF14。超特価扱いに……(写真=中央)。ロングスパンで期待されているTERA。今後の動向は、はたして!?(写真=右)

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.