ニュース
» 2011年08月15日 16時22分 UPDATE

浅沼商会、HDMI出力可能なフィルムスキャナ

浅沼商会は、フィルムスキャナ「コンパクトフィルムスキャン14 CFS-14MHD」を発売した。HDMI出力が可能で、対応するテレビと接続すれば、フルHDで画像を鑑賞できる。

[池田憲弘,ITmedia]
photo コンパクトフィルムスキャン14 CFS-14MHD

 浅沼商会は、“CABIN”ブランドのフィルムスキャナ「コンパクトフィルムスキャン14 CFS-14MHD」を発売した。価格はオープンで、想定実売価格は1万8000円前後だ。

 この製品は、35ミリフィルムが利用できる。有効1400万画素のCMOSセンサーを搭載し、最大3200dpiの読み込みに対応する。読み込んだデータはSDメモリーカード(SDHC対応)にJPEG形式で保存できる。また、HDMI出力が可能で、付属のHDMIケーブルを使ってHDMI入力に対応するテレビと接続すればフルHDでスキャンした画像を鑑賞できる。単四形乾電池4本、USBバスパワーで動作するほか、AC電源(5ボルト)でも給電可能だ。

 本体に2.4型液晶ディスプレイを備えており、画面でスキャンした写真を確認しながら作業できる。本体サイズは86.5(幅)×87.5(奥行き)×104.5(高さ)ミリで、重量は約300グラム。給電のためのUSBケーブルとUSB-ACアダプタが付属する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう