ニュース
» 2011年08月22日 15時17分 UPDATE

正式発表はきょうでした。:AMD、“Zacate”“Ontario”上位モデルを追加

Fusion APUの「Eシリーズ」「Cシリーズ」に新モデルが登場した。DDR3-1333、HDMI 1.4a対応のほか、グラフィックスコアで自動オーバークロック機能を導入した。

[ITmedia]

TDPはそのままに、自動オーバークロックで性能向上

 AMDは、Furion APUでTDP 18ワットの“Zacate”ことEシリーズと、TDP 9ワットの“Ontario”ことCシリーズのそれぞれで、新モデルを追加した。採用するコアは、従来と同じ、40ナノメートルプロセスルールの“Bobcat”で2次キャッシュメモリは1Mバイトだ。対応するチップセットもA50Mと変わらない。

 Eシリーズで追加されたのは、「E-450」「E-300」の2モデルで、どちらも従来DDR3-1066までだったメモリをDDR3-1333までサポートし、映像出力インタフェースでは、ステレオ立体視の出力が可能なHDMI 1.4aに対応した。

 E-450はデュアルコア構成で動作クロックは1.65GHzになる。統合するグラフィックスコアはRadeon HD 6320で、グラフィックスコアの動作クロックは標準で508MHz、負荷がかかると自動でクロックアップして最大600MHzまで上がる。内蔵するRadeon コアは80個と従来のRadeon HD 6410と同じだ。

 E-300もデュアルコア構成で動作クロックは1.3GHzと、すでに登場しているシングルコアのE-240の1.5GHzより低い。統合するグラフィックスコアは、従来と同じRadeon HD 6310だが、AMDが明らかにした資料によると、グラフィックスコアの動作クロックもE-240の500MHzより低い488MHzとなる(なお、同じ資料で、E-350のグラフィックスコア動作クロックは、492MHzとなっている)

 C-60は、C-50の上位機種となるデュアルコアモデルだ。動作クロックは定格状態で1.0GHzとC-50と同様だが、負荷に合わせて自動でクロックアップする機能を導入して最大1.33GHzまで上がる。統合するグラフィックスコアは、Radeon HD 6290に変更した。定格の動作クロックは276MHzで従来のCシリーズに統合するRadeon HD 6250と同じだが、C-60でも負荷に合わせて自動でオーバークロックすることで最大400MHzまで上がる(なお、AMDには負荷に合わせてCPUコアを自動でオーバークロックする“Turbo CORE Technology”があるが、今回のE-450とC-60では、この名称を使っていない)。

kn_newfusion_01.jpg 新登場のE-450とE-300のベンチマークテスト結果を、従来モデルのE-350とインテルのPentium E5400と比較する

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう