ニュース
» 2011年08月30日 13時00分 UPDATE

低価格化、小型化、省電力化:キヤノン、2万円台半ばの薄型A4機「Satera LBP7010C」などカラーレーザープリンタ3モデル

キヤノンは、高さ223ミリの薄型ボディを採用し、実売価格を2万円台半ばに抑えたA4カラー機「Satera LBP7010C」など、カラーレーザープリンタ3モデルを発表した。

[ITmedia]

 キヤノンは8月30日、A4カラーレーザープリンタ「Satera LBP7010C」と「Satera LBP7600C」、A3カラーレーザープリンタ「Satera LBP9200C」を発表した。いずれもホームオフィスや中/小規模事業所向けのページプリンタで、2011年9月8日より順次発売する。

薄型・低価格のA4カラーレーザープリンタ「Satera LBP7010C」

tm_1108lbp_01.jpg 「Satera LBP7010C」

 Satera LBP7010Cは、SOHO/ホームユースを想定したA4カラーレーザープリンタのエントリーモデル。新開発の小型プリントエンジンにより、高さ223ミリのコンパクトボディを実現した。本体サイズは400(幅)×398(奥行き)×223(高さ)ミリ、重量は約10.7キロだ。給紙容量は150枚、インタフェースはUSB 2.0のみ。

 印刷速度はカラー毎分4枚、モノクロ毎分16枚。独自のオンデマンド定着方式を採用し、ファーストプリントはカラーで24.7秒、モノクロで13.5秒を達成した。プロダクションプリンタで用いられる文字の輪郭や画像を鮮明に再現する画像処理技術「Advanced Smoothing Technology」も搭載する。

 国際エネルギースタープログラムの適合基準であるTEC値(標準消費電力量)は0.48キロワットアワー、スリープモードでの消費電力は約0.9ワットに抑えた。ファンレス設計により、静音性にも配慮している。

 発売日は9月8日。価格はオープンで、予想実売価格は2万4980円前後だ。

A4カラースタンダードモデル「Satera LBP7600C」

tm_1108lbp_02.jpg 「Satera LBP7600C」

 A4カラーレーザープリンタのSatera LBP7600Cは、カラー/モノクロともに毎分20枚の印刷速度を確保。ファーストプリントはカラー/モノクロとも16秒だ。

 給紙カセット(250枚)と給紙トレイ(50枚)に加えて、オプションのペーパーフィーダー(250枚)を装着することで、最大550枚の給紙に対応。インタフェースはインタフェースはUSB 2.0と100BASE-TXの有線LANを備える。本体サイズは414(幅)×499(奥行き)×346(高さ)ミリ、重量は約22.4キロだ。

 操作部には5行表示対応のワイド液晶パネルを搭載し、操作ガイド機能も持つ。TEC値は0.82キロワットアワー、スリープ時の消費電力は約0.9ワットだ。

 発売日は9月20日。価格は14万4900円で、予想実売価格は10万9800円前後だ。

A3カラーモデル「Satera LBP9200C」も用意

tm_1108lbp_03.jpg 「Satera LBP9200C」

 A3カラーレーザープリンタのSatera LBP9200Cは、新開発のプリントエンジンを採用し、カラー/モノクロともに毎分30枚の印刷速度を確保。両面印刷も毎分30ページの速度を維持する。ファーストプリントはカラーが9.6秒、モノクロが7.6秒だ。

 給紙カセット(250枚)と給紙トレイ(100枚)に加えて、オプションのペーパーフィーダー(550枚)を3段装着することで、最大2000枚の給紙が可能だ。インタフェースはUSB 2.0と100BASE-TXの有線LANを装備する。本体サイズは545(幅)×591(奥行き)×361(高さ)ミリ、重量は約34キロだ。TEC値は1.27キロワットアワー、スリープモード時の消費電力は約0.8ワット。

 発売日は9月8日。価格は16万5900円で、予想実売価格は11万980円前後だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう