ニュース
» 2011年09月06日 16時15分 UPDATE

直販価格は3万9800円:ナナオ、IPS/3系統入力/縦回転対応の23型フルHD液晶「FlexScan EV2335W」

「FlexScan EV2335W」はIPS方式パネル、白色LEDバックライト、可動範囲が広く縦回転にも対応する「FlexStand 2」、3系統入力を搭載した23型フルHD液晶ディスプレイだ。

[ITmedia]

IPSパネル、DisplayPort、縦回転対応スタンド付きで3万9800円

tm_1109ev2335w_01.jpg 「FlexScan EV2335W」。カラーはブラックとグレイブラックを用意する

 ナナオは9月6日、23型ワイド液晶ディスプレイ「FlexScan EV2335W」を発表した。2011年10月3日に発売する予定だ。価格はオープンで、EIZOダイレクトでの直販価格は3万9800円。

 2009年7月に発売されたエコ/エルゴノミクス性強化モデル「FlexScan EV2333W-H」の後継にあたる製品。可動範囲を広げたスタンドの「FlexStand 2」を採用し、液晶パネルをVA方式からIPS方式に変更、バックライトは白色LEDとした。

 省電力機能では、内蔵の外光センサーを利用し、周囲の明るさに応じて画面輝度が最適になるように自動調整する「Auto EcoView」や、表示する映像の明るさ(白レベル)の変化を加味して輝度を自動調整する「EcoView Optimizer」を搭載。ボタン1つで画面輝度に応じた消費電力の度合いをグラフ表示する「EcoView Index」は引き続き搭載する。

 消費電力は最大で37ワット、標準で16ワット、節電時/待機時で0.1ワット以下、1次電源オフ時で0ワットだ。

 用途別の画質モード「FineContrast」は4種類(User1、User2、sRGB、Paper、Movie)を用意。Paperモードは紙に近い見え方に調整できる。また、ソフトウェア処理で半透明のフィルタを画面の最前面に重ねることで、輝度やコントラストを抑えられる「EyeCare Filter」も備える。

 23型ワイド液晶パネルは表面ノングレア処理で、1920×1080ドット表示に対応。輝度は250カンデラ/平方メートル(白色LEDバックライトにより超低輝度に調光可能)、コントラスト比は1000:1、応答速度は黒→白→黒で16ms/中間階調域で6ms(オーバードライブ回路搭載)、視野角は上下/左右ともに178度、最大表示色は約1677万色(約10億6433万色中/10ビットLUT)、色域はsRGB相当だ。

 映像入力はDisplayPort、DVI-D(HDCP対応)、D-Subの3系統。ステレオミニの音声入力とヘッドフォン出力、出力500ミリワットのモノラルスピーカーも内蔵する。

 スタンドは上30度のチルト、左右で各172度のスイベル、195ミリ(チルト0度では165ミリ)範囲の昇降が行えるほか、液晶ディスプレイ部を右回りに90度回転させることで、縦位置表示にも対応する。本体サイズは547(幅)×245.5(奥行き)×360〜518(高さ)ミリ、重量は約6.7キロ。

tm_1109ev2335w_02.jpgtm_1109ev2335w_03.jpgtm_1109ev2335w_04.jpg 可動範囲が広く、柔軟な昇降調整や縦位置表示に対応する「FlexStand 2」を採用する

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.