PR

ITmediaの新人記者も(経費で)狙う!?:“IPS×縦回転×DisplayPort”のEIZOディスプレイが3万9800円と低価格な件 (1/3)

これはITmedia +D編集部の頼りない新人編集記者(ITmediaでは編集者と記者を兼ねる職種を編集記者と呼ぶ)が、業務効率の改善と自らの名誉回復をかけ、1台の液晶ディスプレイを導入するという狂気に満ちた物語である……たぶん。

仕事がはかどらないのは僕のせいじゃない、きっと

tm_1109ev_01.jpg はじめまして、ITmedia +D編集部の新人です。「新人くん」と呼んでください。それにしても仕事が進まないですわ。画面が狭い……

 「はぁ、仕事が全然はかどらない……」

 ITmedia +D編集部に配属されて数カ月。念願の編集記者になれたはいいけど、高い専門知識とコミュ力が求められる取材や、締切に追われて記事を書くということに、これほどプレッシャーを感じるとは想定外だった。

 配属当初、“デキる新人ぶり”を見せてやると(根拠のない)自信にあふれていた自分はどこへやら、最近は失敗の連続に委縮してしまい「気弱な草食系」と評されるほど頼りなく見られるなんて……、ちょっと目から汗が出てきて視界が悪くなってきたぜ。

 特に大きな悩みは、増えていく仕事量に処理能力が追いつかないこと。先輩からは「そろそろ、もう少し記事を早く書けるように時間を意識して」とたびたび突っ込まれるが、複数のWebページや文書ファイルを読み、テキストエディタで記事を書き、フォトレタッチソフトで記事に合った写真を選別して加工するなど、画面を何度も何度も切り替えながら、1本の記事を仕上げるにはどうしても時間がかかってしまう。

 「そもそも、なんで先輩たちはあんなに早くサクッと記事を書けるの? “時を止める能力者”か何かなの? それとも僕が(信じたくはないが)本当にトロいの?」と混乱する気持ちを落ち着かせて、ふと先輩の席をチラ見してみると、デスクに1つ大きな違いがあるではないか。

 「なんだか、すんごく大きいです、画面がッ!」

tm_1109ev_02.jpg 2画面ってズルくないですか。戦力差2倍、否、解像度にしたら何倍にもなりますぜ、こりゃ! ※先輩のデスクは散らかっている、機密文書であふれているため、撮影の許可が得られませんでした。写真はイメージです

 そう、先輩はノートPCに大画面の液晶ディスプレイをつないで2画面で作業していたのだ。これならWebページを2枚開いたまま、画面を切り替えずにサクサクと記事を書けるし、広い画面で写真選びや編集もはかどりそうだ。というか、今まで液晶ディスプレイの違いに気が付かないほど、周囲が見えていなかったのか。余裕のない自分が恥ずかしい。

 「なんだ、仕事が進まないのは僕のせいじゃない! 液晶ディスプレイのせいだ、きっとそうに違いない!」

 なんだか気持ちがすごく楽になった(勘違いではない、断じて)僕は、さっそく先輩に経費で液晶ディスプレイを買ってほしいと伝えたが、返ってきた答えは「新人くんには、結構ハイスペックなノートPCを奮発したから、液晶ディスプレイはおあずけな。もっと実力をつけて、本当に必要になったときに申請しよう。オレもデュアルディスプレイ環境にしたのは数年修行した後だよ(修行って、アナタはどこぞの修行僧か?)」とのこと。

 「今、実力を出すために液晶ディスプレイが必要なんじゃあ!」との言葉がのどまで出かかったが、先輩の言うことももっともだ。社内で経費削減が叫ばれる中、新人がいきなり液晶ディスプレイを買ってくださいなんて言ったら、今度は“空気が読めないダメ新人”などという烙印(らくいん)を押されかねない。

 夢は破れた、しかも5秒で……。魂が抜けきったように脱力している僕を哀れに思ったのか、先輩は「ま、まあ、最近は高解像度の液晶ディスプレイもすごく安くなっているから、低価格で導入メリットがある製品を選んで、うまくオレを説得できたら、上長に話を通してやるよ」と助け船を出してくれた。「先輩、ありがとうござます!(このツンデレ記者めッ)」と僕。

そんなわけで、僕が選んだ液晶ディスプレイは?

 そうと決まったら、液晶ディスプレイの物色だ。まずは編集記者らしく製品のトレンドや人気ランキングを調べてみる(仕事している風に見えるから、製品選びも気兼ねなくできるなあ。記者でよかった)。すると、最近はどうやら広視野角のIPSパネルを搭載したフルHD(1920×1080ドット表示)対応の液晶ディスプレイが増えてきて、こだわり派のユーザーに支持されているらしい。

 ここからアレコレと製品を見比べて的を絞っていったのだけど、その過程は長くなるから割愛する。最終的に僕が選んだのは、EIZOの23型フルHD液晶ディスプレイ「FlexScan EV2335W」だ。2011年10月3日に発売予定の新製品である。

tm_1109ev_03.jpg EIZOの23型ワイド液晶ディスプレイ「FlexScan EV2335W」。こいつが僕の新しい相棒になるわけですな

tm_1109ev_04.jpg さりげなくあしらわれた「EIZOロゴ」に心が躍るぜ

 「EIZOブランドのナナオ」といえば、泣く子も黙るディスプレイの名門で、これなら自称“違いの分かる男”の先輩も文句は言えまい(ええ、とりあえずブランドから入りましたとも)。IPSパネル採用で、直販価格も3万9800円と、高級機種のラインアップが豊富な同社製品としては価格破壊とさえいえる安さもステキだ。

 しかし、単にWebの製品情報を見てもらいながら先輩をくどいても落とせそうにない。実際にいい製品かどうか見てみないと自信も持てないし……。考えた末、僕はずうずうしくもナナオに取材用と称して、やや職権乱用気味ではあるけれど、発売前のEV2335Wを短期でお借りすることにした。

 ナナオの担当者は「取材用のデモ機でしたら、喜んでお貸ししますよ。何かご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせください」と快く機材を送ってくれた。ちょっとした罪悪感もあるが、ちゃんと取材してフィードバックするし、後で購入することになるのだから、きっと許してくれるよね、ねっ。

 もちろん、EIZOのブランドバリューだけでEV2335Wを選んだわけではない。先輩を納得させられるだけの材料は考えてあるのだ。その数々の特徴は次のページで紹介しようではないか。

       1|2|3 次のページへ

提供:株式会社ナナオ
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia +D 編集部/掲載内容有効期限:2012年3月31日

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

関連リンク

活用&ノウハウ

/pcuser/articles/1610/26/news004.jpg

ディスプレイの購入を検討する際、どの映像入力に対応しているかは必ずチェックするべき重要項目の一つだ。現在主流のインタフェースや今後注目すべきインタフェースを中心に最新事情をまとめた。

/pcuser/articles/1603/18/news017.jpg

スタートメニューの復活をはじめ、デスクトップUIがより使いやすくなった「Windows 10」には、「マルチディスプレイ」の操作性を高めるための工夫も見られる。実際にWindows 10搭載のノートPCとデスクトップPC、そして2台のディスプレイを使って、マルチディスプレイ活用テクニックを見ていこう。

/pcuser/articles/1412/11/news009.jpg

スマートフォンやタブレットから始まったディスプレイの高画素密度化は、PCディスプレイの世界にも波及。2014年にはPC向けの4Kディスプレイが台頭し、画面サイズ、解像度とともに、「画素密度」の把握が製品選びで重要になってきた。今回は最新の技術動向も含め、ディスプレイの高画素密度化をテーマに解説する。

/pcuser/articles/1403/05/news004.jpg

PC、スマートフォン、タブレット――いつもディスプレイに囲まれて、目や首、肩に余計な負担がかかっているのでは? 心当たりがある人は、症状が悪化する前に、これを読んで今すぐ対策しよう。

/pcuser/articles/1307/09/news005.jpg

PCディスプレイの標準仕様がフルHDとなった今、より上質の作業環境を望むなら、次に狙うべきは「4K2K」なのか? 否。設置スペースさえ許せば、もっといい方法がある。そう、“超”高解像度を手軽に実現できるマルチディスプレイというさえたやり方が――。

/pcuser/articles/1112/07/news004.jpg

ディスプレイから目を守るメガネ「JINS PC」が人気だ。エネルギーの強い青色光を特殊なレンズで防ぐことで、目にかかる負担を軽減できるという。これと同じように、ナナオもディスプレイメーカーの立場から長期に渡って疲れ目対策を講じており、その最新モデル「FlexScan EV2335W」にはさまざまな機能が備わっている。それでは、目の疲れに敏感なJINS PCの担当者は、FlexScan EV2335Wの表示をどう見るのだろうか?

/pcuser/articles/1105/25/news001.gif

今や生活の一部になりつつある電気製品の「節電」だが、どこまで意識して実践できているだろうか。液晶ディスプレイの節電を考えた場合、日ごろの運用で無駄に電気を使っていないか、そして効果的な省エネ策とは何なのか、今こそ普段の利用スタイルを見直してみよう。

/pcuser/articles/1009/27/news004.jpg

スマートフォンをはじめ、iPadなどのスレート型端末、デジタルカメラの背面液晶、ニンテンドーDS、そしてWindows 7など、最近注目を集めるデジタル製品はタッチパネルへの対応が1つのキーワードになっている。ひとくちにタッチパネルといっても、画面に触れた指やペンを検出する方式はさまざまだ。今回はタッチパネルの基本的な検出方式を取り上げ、その特徴と最適な用途について紹介しよう。

/pcuser/articles/1005/31/news001.jpg

動画コンテンツの魅力を最大限に引き出すには、“動画の”表示品質に優れた液晶ディスプレイが必須だ。今回はいくつかのサンプル動画を用意し、液晶ディスプレイにおける動画の表示品質をチェックしていこう。

/pcuser/articles/1004/22/news002.jpg

普段から何気なく使っている液晶ディスプレイの表示品質を、きちんと確かめてみたことはあるだろうか? テストパターンなどを使ってチェックしてみると、普段気付かなかった表示品質の問題点に気付くことも少なくない。今回は液晶ディスプレイの表示品質を評価するための基本的なポイントと、誰でも手軽に試せる方法を紹介しよう。

FORIS

/pcuser/articles/1412/18/news003.jpg

EIZOの4K対応31.5型ディスプレイ「FlexScan EV3237」、23.8型エンターテインメントディスプレイ「FORIS FS2434」が、PC USERアワード2014年下半期「ディスプレイ部門」にてそれぞれゴールドとシルバーを受賞。各製品に込められたEIZOならではのこだわりを開発陣に聞いた。

/pcuser/articles/1407/08/news003.jpg

マルチディスプレイ環境はなにかと便利だが、画面と画面の間に挟まるフレームが見た目のノイズになってしまうのは難点だ。しかし、EIZOが新たに投入した「フレームレス」デザインの液晶ディスプレイ「FORIS FS2434」であれば、この問題もほとんど解決できるハズ。実際に使ってみると、多くのユーザーは「これまでのマルチディスプレイは何だったのか……」と衝撃を受けるのではないだろうか?

/pcuser/articles/1401/20/news001.jpg

動きが激しいゲームや入力タイミングが厳しいゲームでは、液晶ディスプレイの性能が勝敗に影響することも少なくない。EIZOが満を持して投入した「FORIS FG2421」は、業界初の240Hz駆動技術を搭載しつつ、入力の遅延も極限まで抑えた、非常に先進的なゲーミングディスプレイだ。その性能をトップゲーマーはどう評価するのか、国内でも実力派のFPSチームにじっくり試してもらった。

ColorEdge&カラーマネジメント

/pcuser/articles/1306/21/news002.jpg

新スタイルの共用オフィス空間である「コワーキングスペース」は、新しいコミュニティが生まれる場所としても注目され、都市部を中心に急増している。そんなコワーキングスペースの中に、EIZOのカラーマネジメント液晶ディスプレイ「ColorEdge」が期間限定で自由に使える場所があるという。これは試してみる価値が大いにありそうだ。

/pcuser/articles/1208/30/news007.jpg

カラーマネジメント液晶ディスプレイを導入すれば、デザイン業務の効率化や完成度の向上が期待できる。とはいえ、「そんなことは分かっているけど、とても高くて導入できないから、ちょっといい通常のディスプレイでガマンするしかない」といったデザイナーは少なくないだろう。ナナオの「ColorEdge CX240」は、「いつかは、カラーマネジメント液晶ディスプレイ!」と願う、こうしたユーザーにとって福音となるかもしれない。

/pcuser/articles/1202/27/news006.jpg

カメラと写真の総合イベント「CP+2012」では、ナナオがデジタルフォトに最適なEIZOディスプレイを展示し、ビギナーでも気軽に実践できるカラーマッチングを提案。写真好きの来場者から熱い視線が注がれた。それでは、デジカメレビューでおなじみのフォトグラファー永山昌克氏に、その実力はどう映ったのだろうか?

FlexScan

/pcuser/articles/1412/18/news003.jpg

EIZOの4K対応31.5型ディスプレイ「FlexScan EV3237」、23.8型エンターテインメントディスプレイ「FORIS FS2434」が、PC USERアワード2014年下半期「ディスプレイ部門」にてそれぞれゴールドとシルバーを受賞。各製品に込められたEIZOならではのこだわりを開発陣に聞いた。

/pcuser/articles/1409/18/news007.jpg

徐々に数を増やしつつあるPC向け4Kディスプレイ。先物買いの印象があるかもしれないが、ディスプレイに関するさまざまな問題を解決し、極上の表示環境が得られる「先進的かつスマート」な選択肢なのだ。特にEIZO初の4Kディスプレイ「FlexScan EV3237」は、長い目でディスプレイ選びを考えた場合、有力候補に挙げられる。

About EIZO

/pcuser/articles/1401/27/news005.jpg

EIZOの東京ショールームが銀座3丁目から7丁目に移転し、リニューアルオープンした。ホビーからビジネスまで幅広いユーザー層をカバーするほか、特定用途向けディスプレイの展示も充実。「ディスプレイの今」を体感できる。無料のセミナーやワークショップ、ギャラリーにも注目だ。