ニュース
» 2011年09月12日 11時00分 UPDATE

2011年PC秋冬モデル:主力A4ノートに「ワイヤレスTV」モデルが追加――「Lavie S」

15.6型ワイド液晶を搭載する「LaVie S」の秋冬モデルは、エントリー向けのTV搭載モデルがラインアップに加わった。既存の3機種はCPUやディスプレイの性能を強化した。

[池田憲弘,ITmedia]

「LaVie S」にTV搭載モデルが登場

 15.6型ワイド液晶のスリムノートPC「LaVie S」シリーズに、デジタル3波+ひかりTVが視聴できるテレビ対応モデル「LS170/FS」がラインアップに加わり、計4機種での展開となる。既存の3機種(「LS550/FS」、「LS350/FS」、「LS150/FS」)は、CPUの性能を強化するなどの小リニューアルが行われた。

 いずれもOSは64ビット版Windows 7 Home Premium(SP1)、オフィススイートはOffice Home and Business 2010をプリインストールする。発売は2011年9月15日で、価格はオープン。実売価格はLS550/FSが16万5000円前後、LS350/FSが14万5000円前後、LS150/FSが11万5000円前後、LS170/FSが14万5000円前後の見込みだ。

photo 「LaVie S」シリーズには地デジ放送の視聴に対応するモデルが登場した(写真はLS170/FS6B)

 今回LaVie Sのラインアップに加わったLS170/FSは、LaVie Lの“お手軽地デジノートPC”LL370のコンセプトを引き継いだ、エントリー向けのワイヤレスTV付属モデルだ。カラーバリエーションはホワイトとブラックの2色を用意する。

 主な仕様としては、Pentium B950(2.1GHz)+HM65 Expressチップセットを組み合わせた基本システムに、4Gバイトのメモリ(2Gバイト×2)、750GバイトのHDD、光学ドライブはDVDスーパーマルチ、ディスプレイは1366×768ドット表示対応の15.6型ワイドディスプレイ(高輝度・高色純度・低反射タイプの「スーパーシャインビューLED液晶」)を搭載する。

 インタフェース面は、IEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LAN、1000BASE-T対応の有線LANや、USB 3.0×1、USB 2.0×2、メモリカードスロット(SDXC対応SDメモリーカード、メモリースティックPRO-HG DUOなどを利用可能)、HDMI出力、アナログRGB出力、音声入出力などを備える。

photo LS550/FS、LS350/FS、LS150/FSは性能の強化や、さまざまな機能を追加したことで使いやすさが向上した(写真はシャンパンゴールド)

 LS550/FS、LS350/FS、LS150/FSは、それぞれCPUをCore i5-2430M(2.4GHz/最大3GHz)、Core i3-2330M(2.2GHz)、Pentium B950へと強化し、4Gバイトのメモリを2Gバイト×2のデュアルチャネル構成から、4Gバイト×1へとし、空きスロットを確保するなど、基本性能の底上げを図った。また、最上位機種のLS550/FSはディスプレイが新しくなり、画面の輝度が25%向上した。

 デザイン面では、LS550/FS、LS350/FSは2011年夏モデルの外観を引き継ぎ、LS150/FSはデザインを他の2機種に合わせた。3機種とも、カラーバリエーションはシャンパンゴールド、ルミナスレッド、エクストラホワイト、スターリーブラックの4色展開となる。

 LS550/FS、LS350/FSの上位2機種は光学ドライブにより容量の多いBDXLメディアが利用できるBlu-ray Discドライブを採用し、Blu-ray Discタイトルに格納される映像をSDカードへと書き出せるサービス“e-move”にも対応する。このほか、ブルーレイ映像を無線でディスプレイに映せるIntel WiDi 2.1に対応するなどの細かいブラッシュアップが行われている。

 インタフェースは、1000BASE-T対応の有線LANや、USB 3.0×1、USB 2.0×2、デュアルメモリカードスロット(SDXC対応のSDメモリーカード、メモリースティックPRO-HG デュオを利用可能)、HDMI出力、アナログRGB出力など、LS170/FSとほぼ共通するが、無線LANはIEEE802.11b/g/n準拠となる。LS150/FSはUSB 3.0を搭載せず、USB 2.0が3基となる。

 LaVie Sシリーズの4機種すべて、本体サイズは374(幅)×248(奥行き)×34.8(高さ)ミリで、重量は約2.4キロ。バッテリー駆動時間は標準で約2.8時間(LS350/FSのみ3時間)となる。

photophotophotophoto LS150/FSのデザインを他の2機種とそろえ、3機種ともシャンパンゴールド、ルミナスレッド、エクストラホワイト、スターリーブラックの4色展開となった

 なお、NECの直販サイト「NEC Direct」では、PC本体へのアンテナ接続なしでデジタル放送が楽しめる「ワイヤレスTVデジタル」の搭載やメモリを8Gバイトとするカスタマイズができる。

LaVie S店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD/SSD OS 実売価格
LaVie S LS550/FS (4色) 2スピンドル 基本性能強化、高輝度液晶採用 Core i5-2430M (2.4GHz/最大3.0GHz) 4GB (DDR3) 750GB 64ビット版7 Home Premium (SP1) 16万5000円前後
LS350/FS (4色) 2スピンドル 基本性能強化 Core i3-2330M (2.2GHz) 4GB (DDR3) 640GB 64ビット版7 Home Premium (SP1) 14万5000円前後
LS170/FS (2色) 2スピンドル 基本性能・TV機能搭載 Pentium B950 (2.1GHz) 4GB (DDR3) 750GB 64ビット版7 Home Premium (SP1) 14万5000円前後
LS150/FS (4色) 2スピンドル 基本性能強化 Pentium B950 (2.1GHz) 4GB (DDR3) 640GB 64ビット版7 Home Premium (SP1) 11万5000円前後
LaVie S店頭モデルの概要(その2)
LaVie S LS550/FS (4色) 15.6型ワイド 1366×768 Intel HM65 BDXL対応Blu-ray Disc CPU統合 ─ / Office Home and Business 2010 約2.4キロ
LS350/FS (4色) 15.6型ワイド 1366×768 Intel HM65 BDXL対応c CPU統合 ─ / Office Home and Business 2010 約2.4キロ
LS170/FS (2色) 15.6型ワイド 1366×768 Intel HM65 DVDスーパーマルチ CPU統合 3波デジ (ワイヤレスTVデジタル) / Office Home and Business 2010 約2.4キロ
LS150/FS (4色) 15.6型ワイド 1366×768 Intel HM65 DVDスーパーマルチ CPU統合 ─ / Office Home and Business 2010 約2.4キロ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.