ニュース
» 2011年09月22日 14時44分 UPDATE

富士通、国内製造PCを「出雲モデル」「伊達モデル」としてアピール

富士通は、島根/福島製造モデルとなるノートPC/デスクトップPCをそれぞれ「出雲モデル」「伊達モデル」としてプロモーション展開を行っていくと発表した。

[ITmedia]
photo

 富士通は9月22日、島根富士通製/富士通アイソテック製となるノートPC/デスクトップPCをそれぞれ「出雲モデル」「伊達モデル」としてプロモーション展開を行っていく、と発表した。

 島根富士通/富士通アイソテックはともに同社製PCの国内製造拠点で、ノートPCを製造する島根富士通製モデルを「出雲モデル」、デスクトップPCを製造する富士通アイソテック製モデルを「伊達モデル」と命名、“Made in Japan”の高品質と高信頼をアピールしていくとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう