ニュース
» 2011年09月27日 10時00分 UPDATE

2011年PC秋冬モデル:最新の“E-450”を搭載して性能強化──「VAIO Y」

AMDのFusion APU“Eシリーズ”を採用するVAIO Y(YB)は、最新モデル搭載で性能を強化。インテルプラットフォームを採用するYAは従来モデルを継続する。

[ITmedia]

 ソニーは9月27日、1366×768ドット表示の11.6型ワイド液晶搭載モバイルノートPC「VAIO Y」シリーズの2011年秋モデルを発表した。2011年10月8日に発売する。今回のモデルでは、「VAIO Y(YB)」シリーズのみを店頭販売する。ソニーストア直販だけで扱ってきた「VAIO Y(YA)」シリーズは従来のVAIOオーナーメードモデルを継続して販売する。「VAIO Y(YB)」のカラーバリエーションはグリーン、ピンク、シルバーの3種類。価格はオープンで、実売価格は9万円前後と予想される。

 VAIO YシリーズはNetbookの上位に位置する、光学ドライブは内蔵しない1スピンドルのエントリークラスモバイルノートPCで、YBシリーズは、AMDプラットフォームを採用する。秋モデルでは搭載するFusion APUを最新のE-450(1.65GHz)に強化し、それのともない、統合するグラフィックスコアがRadeon HD 6320に変わった。チップセットは夏モデルと同じAMD A50Mを採用する。

 システムメモリの容量はDDR3-1333を2Gバイト(最大で4Gバイト)、データストレージには容量500GバイトのHDDを採用するなど、そのほかの基本スペックやデザインは2011年夏モデルからの変化はない。

 バッテリー駆動は標準で約5.5時間とわずかに短くなった。本体サイズは290(幅)×202.8(奥行き)×25〜31.5(高さ)ミリ、重量は約1.46キロ(標準バッテリーパック装着時)だ。OSは32ビット版のWindows 7 Home Premium(SP1)、オフィススイートはOffice Home and Business 2010をプリインストールする。直販のVAIOオーナーメードモデルは用意しない。

kn_vaioy_01.jpgkn_vaioy_02.jpgkn_vaioy_03.jpg

kn_vaioy_04.jpgkn_vaioy_05.jpgkn_vaioy_06.jpg Fusion APUの省電力モデル“Zacate”ことEシリーズの最新モデル「E-450」を搭載するVAIO Y(YB)の2011年秋冬モデルは、従来と同じカラーバリエーションのグリーン(写真=左)、ピンク(写真=中央)、ホワイト(写真=右)の3色を用意する

VAIO Y(YB)店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
VAIO Y VPCYB39KJ/S・P・G (3色) 1スピンドル APU強化 E-450 (1.65GHz) 2GB (DDR3) 500GB 32ビット版7 Home Premium (SP1) 9万円前後
VAIO Y(YB)店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV/オフィス 重量
VAIO Y VPCYB39KJ/S・P・G (3色) 11.6型ワイド 1366×768 AMD A50M Radeon HD 6320 (CPU統合) Office Home and Business 2010 約1.46キロ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう