ニュース
» 2011年09月29日 13時00分 UPDATE

2011年PC秋冬モデル:“Ultrabook”登場、13.3型サイズで1.12キロ+9時間動作――「dynabook R631」

ウワサのUltrabookが「dynabook R631」として国内市場に登場。厚さ8.3ミリ(最薄部)+重量約1.12キロの薄型軽量マグネシウムボディを採用し、超低電圧版Core i5や9時間動作のバッテリーを搭載する。

[ITmedia]

極薄、軽量、長時間の“Ultrabook”が登場、実売15万円前後

photo 「dynabook R631」(シルバー)

 インテルが提唱する新世代のモバイルノートPC“Ultrabook”がついに国内市場にも登場。東芝「dynabook R631」は、13.3型ワイドの液晶ディスプレイ+重量1.12キロの薄型軽量ボディを採用するモバイルノートPCの新シリーズとして展開する。

 価格はオープン、想定実売価格は15万円前後。発売は2011年11月中旬を予定する。

 主な特徴は、やはり“Ultrabook”に合致する超薄型・軽量のボディ、長時間動作のバッテリー、堅牢性、セキュリティ性、そしてモバイルデバイスとしての高いパフォーマンスと使い勝手を兼ねた仕様だ。ボディは厚さ8.3(最薄部)〜15.9ミリ、重量約1.12キロで、13.3型サイズのWindowsノートPCとして世界最薄・最軽量クラスを実現する。dynabook R731シリーズで培ったハニカム形状リブを用いたマグネシウム合金のボディの技術により、軽さと強度を両立した。

 ディスプレイは1366×768ドット表示に対応する13.3型ワイドのLEDバックライト搭載液晶を採用する。基本システムはデュアルコア/4スレッドの超低電圧(ULV)版Core i5-2467M(1.6GHz/2.3GHz)+Intel HM65 Expressで、4Gバイトのメインメモリ(PC3-10600 2Gバイト×2、増設・交換不可)、128GバイトのSSDなど。光学ドライブは非搭載で、グラフィックスはCPU統合のIntel HD Graphics 3000を使用する。WiMAX+IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN(Centrino Wireless-N+WiMAX 6150)、USB 3.0×1、USB 2.0×2、HDMI出力、アナログRGB出力、ギガビット対応有線LANポート、高品質ステレオスピーカーなどを実装する。

 バッテリー動作時間は約9時間。リチウムイオンバッテリーはボディに内蔵する(容易に着脱・交換はできない)。また、BIOS処理とプログラムの読み込みを最適化し、高速にPCを起動する「東芝高速スタート」や節電化ソフトウェア「東芝ピークシフトコントロール」など独自の技術・機能も盛りこむ。

 キーボードはJIS 87キー配列で、キー1つ1つが独立したバックライト付きのアイソレーションタイプを採用する。キーピッチは19ミリ、キーストロークは約1.2ミリ。不意にこぼれてしまった水を排出し、主要基板部に影響を及ぼさない防滴仕様となっている。

 搭載OSは64ビット版Windows 7 Home Premium、オフィススイートにWord/Excel/PowerPoint/OneNote/Outlookを包括したOffice Home and Business 2010をプリインストールする。


photophoto マグネシウム合金のボディを採用し、薄型・軽量のボディを実現する。バックライト搭載で標準19ミリピッチのアイソレーションキーボード、ジェスチャーコントロール付きタッチパッド(機能のオン/オフボタンも搭載)、指紋センサーを採用する

dynabookシリーズ店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD/SSD OS 実売価格
dynabook R631 R631/28D Ultrabook 新シリーズ Core i5-2647M (1.6GHz/ 最大2.3GHz) 4GB (DDR3) 128GB SSD 64ビット版7 Home Premium (SP1) 15万円台半ば
dynabookシリーズ店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV/オフィス 重量
dynabook R631 R631/28D 13.3型ワイド 1366×768 Intel HM65 CPU統合 ─ / Office Home and Business 2010 約1.12キロ

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

PC USER Shopping -PR-