ニュース
» 2011年10月04日 11時00分 UPDATE

2011年PC秋冬モデル:24型WUXGA液晶も選べるスリムデスクトップ――「FMV ESPRIMO DH」

セパレート型スリムタワーデスクトップPC「FMV ESPRIMO DH」の2011年秋冬モデルは、上位機がBDXL対応のBlu-ray Discドライブを採用してモデルチェンジ、下位機は夏モデルからの継続販売となった。

[池田憲弘,ITmedia]

上位モデルにBDXL対応Blu-ray Discドライブを採用

photo 光学ドライブの性能を強化した「DH77/E」

 24/22型ワイド液晶を付属する省スペースデスクトップPC「FMV ESPRIMO DH」シリーズは、光学ドライブの機能を強化した上位機の「DH77/E」と夏モデルからの継続販売となる「DH54/D」の2機種がラインアップされる。DH77/Eは2011年10月13日発売予定で、想定実売価格は20万円前後の見込みだ。

 Core i7-2600(3.4GHz/最大3.8GHz)とIntel H67 Expressチップセットを採用する基本システムは従来モデルのDH77/Cを踏襲しており、今回のモデルチェンジでは光学ドライブのBlu-ray Discドライブにおいて、容量の多いBDXLメディアが利用できるようになった。

 そのほかの主な仕様は、1920×1200ドット表示対応の24型ワイド液晶、4Gバイトメモリ(最大16Gバイトまで搭載可能)、2TバイトHDDなど。グラフィックス機能はCPU内蔵のIntel HD Graphics 2000を利用する。

photo 下位機の「DH54/D」は夏モデルからの継続販売となる

 インタフェースはUSB 3.0を2基、USB 2.0を6基、SDXC対応SDメモリーカード/メモリースティックPRO対応のカードスロット、アナログRGB出力、DVI出力、音声入出力を備える。ネットワーク機能はIEEE802.11b/g/nの無線LANとギガビット有線LANを利用できる。OSは64ビット版Windows 7 Home Premiumを、オフィススイートはOffice Home and Business 2010をプリインストールする。

 なお、富士通直販サイト「WEB MART」のカスタムメイドモデルでは、グラフィックスをRadeon HD 6570にしたり、メモリを16Gバイトまで増量可能だ。また、付属の液晶ディスプレイをノングレアの24型/20型ワイドモデルや、ディスプレイなしの構成も選べる。

FMV ESPRIMO店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
ESPRIMO DH DH77/E セパレート型 Core i7-2600(3.4GHz/最大3.8GHz) 4GB 2TB 64ビット版7 Home Premium (SP1) 20万円前後
FMV ESPRIMO店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV/オフィス 重量
ESPRIMO DH DH77/E 24型 1920×1080 Intel H67 BDXL対応Blueray Disc Intel HD Graphics 2000 −/Office Home and Business 2010 約7.5キロ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.