レビュー
» 2011年10月12日 13時01分 UPDATE

イマドキのイタモノ:Bulldozerは気難しい──AMDの新CPUアーキテクチャ“Zambezi”を試す (1/3)

Bulldozer世代のCPU「AMD FXシリーズ」が登場した。新しいアーキテクチャはどんなパフォーマンスを秘めているのか最上位モデル「FX-8150」で確かめてみた。

[石川ひさよし,ITmedia]

AMDの“CPU”がひさびさにアーキテクチャを一新

 AMD FXシリーズは、従来のCPUと少々レイアウトが異なるアーキテクチャを採用している。基本単位となる「Bulldozerモジュール」は、2基の整数演算ユニットと1基の浮動小数点演算ユニット(FP)から構成される。FPは1基だが、OS上から見たコア数はこの時点で2コアの扱い。このBulldozerモジュールがFX-8150では4基まとまって8コアを構成する。

kn_zmbz_18.jpgkn_zmbz_19.jpg 左がBulldozer世代のコアを採用するデスクトップPC向け“Zambezi”ことFXシリーズの最上位モデル「FX-8150」で右がPhenom II X6 1100T。FX-8150にはAMD FXのロゴがあり、OPNはFD8150と続く(写真=左)。Spcket AM3+なので両者のサイズは同じ。ただし、裏側を見ると、FX-8150で左上と右下にピンが2つ増えているようだ(写真=右)

 キャッシュメモリの構成も独特だ。1次キャッシュメモリは整数演算ユニットごとに16Kバイト、FPには64Kバイトがあてられる。2次キャッシュメモリは、各Bulldozerモジュールごとに2048Kバイトで、4基搭載するFX-8150の場合は8Mバイトとなる。さらに3次キャッシュメモリは8Mバイトという構成だ。プロセスルールは32ナノメートルで、Furion APUのAシリーズと同じだが、FXシリーズはグラフィックスコアは搭載しない。(掲載当初、2次キャッシュメモリの容量に誤りがありました。おわびして訂正いたします)

kn_zmbz_17.jpgkn_zmbz_20.jpg タスクマネージャーから8コア扱いであることが分かる(写真=左)。CPU-Zで確認したFX-8150の情報。Socket AM3+とされているほか、ベースクロックは200MHzでベースクロックは3.6GHz動作。コアとスレッド数はともに8であるほか、3次キャッシュメモリまでのキャッシュレイアウトが分かる。なお、なぜか“FX-8130P”と表示されたりMax TDPが“223W”と表示されたりしている(写真=右)

型番 FX-8150 Phenom II X6 1055T Phenom II X6 1100T A8-3800 A8-3850
コードネーム Zambezi Thuban Thuban Llano Llano
リビジョン N/A E0 E0 N/A N/A
コア数 8 6 6 4 4
スレッド数 8 6 6 4 4
動作周波数 3.6GHz 2.8GHz 3.3GHz 2.4GHz 2.9GHz
ターボ時最大クロック 4.2GHz 3.3GHz 3.7GHz 2.7GHz -
ベースクロック 200MHz 200MHz 200MHz 200MHz 200MHz
1次キャッシュメモリ 16KB×8+64KB×4 (64KB+64KB)×6 (64KB+64KB)×6 (64KB+64KB)×4 (64KB+64KB)×4
2次キャッシュメモリ 2048KB×4 512KB×6 512KB×6 1024KB×4 1024KB×4
3次キャッシュメモリ 8MB 6MB 6MB - -
製造プロセス 32ナノメートル 45ナノメートル 45ナノメートル 32ナノメートル 32ナノメートル
TDP 125ワット 95ワット 125ワット 65ワット 100ワット
DDR3メモリ 1866MHz 1333MHz 1333MHz 1866MHz 1866MHz
メモリチャネル数 2 2 2 2 2
ソケット AM3+ AM3 AM3 FM1 FM1

 Phenom IIのThubanコアから採用されたTurbo CORE Technologyは、FXシリーズでも導入する。ただし、少々異なるのがその動作だ。FX-8150を例に見ると、ベースとなる動作クロックは3.6GHzだが、Turbo CORE Technologyで3.9GHzまで引き上げられる。さらに、もう1つ“Max Turbo”というモードも用意されており、こちらは4.2GHzまで引き上げられる。この区別は、1段階目のTurbo CORE Technologyは全コアで動作クロックを引き上げ、Max Turboでは一部のコアが引き上げられるということだ。マルチスレッドで各コアに平均的に負荷がかかる場合はTurbo Core、スレッド数が少ない場合はMax Turboが効くことになる。

kn_zmbz_21.jpgkn_zmbz_22.jpg ほぼすべてのコアが3.9GHz動作となったTurbo CORE Technologyの状態(写真=左)。一部のコアが3.9GHz超、4.2GHzまで引き上げられたMax Turbo状態(写真=右)

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう