ニュース
» 2011年10月12日 13時01分 UPDATE

水冷付きで3万円超え!:AMD、“Zambezi”ことAMD FXシリーズを投入

AMDは、10月12日にBulldozerアーキテクチャを採用したデスクトップPC向けCPU「AMD FX」シリーズを発表した。出荷は10月下旬の予定だ。

[ITmedia]

最大8コア、最大4GHz超えのFXシリーズ

 AMD FXシリーズは、AMDが「Bulldozer」と呼んで開発を進めていた新しいアーキテクチャを採用したデスクトップPC向けのCPUだ。開発コード名“Zambezi”と呼ばれていたこのシリーズのラインアップは、現在以下のようになっている。

モデル名 ベースクロック Turbo CORE有効時 Max Turbo有効時 TDP コア数 2次キャッシュメモリ 3次キャッシュメモリ 最大メモリクロック
FX-8150 3.6GHz 3.9GHz 4.2GHz 125ワット 8コア 8Mバイト 8Mバイト DDR3-1866
FX-8120 3.1GHz 3.4GHz 4.0GHz 95ワット/125ワット 8コア 8Mバイト 8Mバイト DDR3-1866
FX-8100 2.8GHz 3.1GHz 3.7GHz 95ワット 8コア 8Mバイト 8Mバイト DDR3-1866
FX-6100 3.3GHz 3.6GHz 3.9GHz 95ワット 6コア 6Mバイト 8Mバイト DDR3-1866
FX-4170 4.2GHz 4.3GHz 125ワット 4コア 4Mバイト 8Mバイト DDR3-1866
FX-B4150 3.8GHz 3.9GHz 4.0GHz 95ワット 4コア 4Mバイト 8Mバイト DDR3-1866
FX-4100 3.6GHz 3.7GHz 3.8GHz 95ワット 4コア 4Mバイト 8Mバイト DDR3-1866

 このうち、店頭出荷を行うのは、FX-8150、FX-8120、FX-6100、FX-4100の4モデルで、それぞれの実売予想価格は、FX-8150(水冷ユニット標準付属、数量500セット限定販売)が約3万3800円、FX-8120が1万8800円、FX-6100が1万4980円、FX-4100が9980円となる。出荷開始は10月下旬のみこみだ。

 32ナノメートルプロセスルールを導入し、パッケージはAM3+に対応する。メモリはDDR3-1866までを利用できる。チップセットはAMD 9シリーズをサポートするが、既存のマザーボードではFXシリーズを使うためにBIOSのアップデートが必要な場合もある。

 FXシリーズでは、動作クロックの仕様で3種類が用意されている。1つはベースクロックは通常動作時に有効で、2番目がTurbo CORE Technology有効時の最大動作クロック、そして、3番目がMax Turbo有効時の最大動作クロックとなる。

 Turbo CORE Technology有効時は搭載するすべてのコアが有効の状態でクロックアップする最大値となるが、Max Turboでは、搭載するコアの半分(6コアモデルでは2コア)までが有効となった状態における最大クロックアップの値が示されている。また、従来のBlack Editionのように、CPUクロック倍率設定のロックが解除されている。

 AMDは、Core i5-2500Kと比較してゲームタイトルベンチマークテストの相対結果で110〜140%の優位性を示したほか、汎用のマルチスレッド対応ベンチマークテストでもCore i5-2500Kを上回ると訴求する。

kn_zmbznews_01.jpgkn_zmbznews_02.jpg AMDが公開したゲームタイトルベンチマークテストで測定したCore i5-2500Kとの相対性能(写真=左)。同じく、マルチスレッド対応ベンチマークテストにおけるCore i7-2600K、Core i5-2500Kとの相対性能(写真=右)

kn_zmbznews_03.jpgkn_zmbznews_04.jpg Battle Field 3のFPS測定で、FX-8150は最大設定でCore i5-2500K、Core i7-2600Kを上回り(写真=左)、4.8GHzのオーバークロック動作で測定したCINEBENCH R11.5の結果では、定格動作時測定から30%向上した(写真=右)

関連キーワード

Bulldozer | AMD | CPU | AMD FX | AMD Turbo CORE Technology | Zambezi


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう