ニュース
» 2011年10月12日 18時00分 UPDATE

富士通、企業向けモデルに“世界最小クラス”デスクトップPCを投入

富士通は、企業向けに販売するデスクトップPC「ESPRIMO」と、ノートPC「LIFEBOOK」のラインアップを一新、8シリーズ39機種を発表した。ESPRIMOには世界最小クラスの容積を実現したモデルが投入される。

[池田憲弘,ITmedia]

 富士通は10月12日、企業向けデスクトップPC「ESPRIMO」とノートPC「LIFEBOOK」、全8シリーズ39機種を発表した。同日より販売を開始し、10月下旬より順次出荷する。新モデルでは主にCPUやメモリなどの基本性能を強化したほか、ESPRIMOにおいて「ウルトラスモール型新筐体」を採用した新シリーズが投入された。

photo 同社が“世界最小クラス”をうたうデスクトップPC「ESPRIMO B531/D」

 同社が世界最小クラス(2011年10月11日現在、Core iシリーズCPUを搭載したデスクトップ型PCのボディ容積において。富士通調べ)をうたう「ESPRIMO B」シリーズは、コンパクトなPCケースを採用する「ESPRIMO D」シリーズに比べ、設置容積を約85%削減(ESPRIMO D581/Dと比較)したのが特徴だ。またTDP35ワットのCPUであるCore i3-2120T(2.6GHz)を使用しており、ESPRIMO D581/Dと比べて消費電力が約41%低い。

 「ESPRIMO D」シリーズは、vProに対応する「D751/D」とvProに対応しない「D581/D」の2モデルを用意し、搭載CPUが異なる計9機種を投入する。液晶一体型の「ESPRIMO K」シリーズは搭載CPUがCore i5、Core i3、Celeronの3機種となる。デスクトップPCはすべての新製品に「ディスプレイの電源を切る」ユーティリティをプリインストールする。画面上のアイコンをクリックするだけでディスプレイの電源をオフにでき、消費電力を大幅に削減できる。

photo 「LIFEBOOK E741/D」

 ノートPC「LIFEBOOK」は、15.6型ワイド液晶ディスプレイ搭載モデルの「ESPRIMO E」シリーズ、「ESPRIMO A」シリーズ、13.3型ワイド液晶ディスプレイモデルの「ESPRIMO S」シリーズ、12.1型ワイド液晶ディスプレイモデルの「ESPRIMO P」シリーズ、タブレットPCとして利用できるコンバーチブルタイプである「ESPRIMO T」シリーズの合計5シリーズを用意する。

 全モデルで待機電力を大幅に削減した「ゼロワットACアダプタ」を選択可能としたほか、設定した時間帯にACアダプタからの給電を止める「ピークシフト」機能を全機種対応とするなど、消費電力の低減に注力している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう