ニュース
» 2011年10月12日 17時00分 UPDATE

無線LANでの同期もサポート:Apple、iOS 5とiCloudに対応した「iTunes 10.5」

米AppleはiOS 5端末との同期とiCloudに対応した「iTunes 10.5」を公開した。無線LAN経由での同期もサポートしている。

[ITmedia]
tm_1110itunes105_01.jpg 「iTunes 10.5」の自動ダウンロード設定画面。日本ではアプリとブックを利用できる

 米Appleは10月11日(現地時間)、iTunesの最新バージョン「iTunes 10.5」を公開した。対応OSはMac OS X 10.5以降とWindows XP/Vista/7で、「iOS 5」を搭載したiPhone/iPad/iPod touchとの同期に対応する。

 iTunes 10.5は、iTunesで購入したコンテンツを「iCloud」に保存し、そのコピーをiOS 5搭載端末やMac、Windows PCへ自動ダウンロードさせることで、複数のデバイスで場所を選ばずに楽しめる「iTunes in the Cloud」をサポートした。

 過去に購入したコンテンツも無料で再ダウンロードできるが、以前に購入した項目がiTunes Storeにない場合はダウンロードできない可能性がある。

 2011年10月12日現在、日本では自動ダウンロード対象ファイルがアプリとブックのみで、音楽や映像のコンテンツは対応していない。

 また、MacやWindows PCとケーブルで接続せずに、同一ネットワーク内にあるiOS 5搭載端末と無線LAN経由で接続してデータの同期が行える機能もサポートした。

 なお、iTunes 10.5のWindows版では脆弱性の対処も行っている。

関連キーワード

iTunes | iOS 5 | Apple | iCloud | Mac | iPad | iPhone | iPod | iPod touch | iTunes Store | Mac OS X


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-