ニュース
» 2011年10月13日 21時33分 UPDATE

2011年PC秋冬モデル:東芝、10万円を切る地デジ搭載AVノート「dynabook Satellite T551」

東芝は、Webオリジナルモデルとして15.6型ワイドのAVノートPC「dynabook Satellite T551」を10月下旬より出荷する。クーポンを適用すれば10万円を切るコストパフォーマンスの高さがウリだ。

[ITmedia]
og_t551_001.jpg dynabook Satellite T551

 東芝は10月13日、「Toshiba Direct」のWebオリジナルモデルとして、地デジ搭載ノートPC「dynabook Satellite T551」を発表、同日より受注を開始した。東芝ダイレクト価格は9万9800円(クーポン適用後価格)。

 dynabook Satellite T551は、1366×768ドット表示対応の15.6型ワイド液晶ディスプレイを搭載する地デジノートPC。Intel HM65 Expressチップセットベースの基本システムに、Celeron B800(1.5GHz)を採用し、4Gバイトメモリと500GバイトHDDを搭載、光学ドライブとしてBlu-ray Discドライブを備える。

 インタフェースは、SD(SDXC対応)/xD/MMC/MS Pro対応のブリッジメディアスロット、アナログRGB出力とHDMI出力、USB 3.0×1、USB 2.0×3など。ネットワーク機能としてギガビットLANとIEEE802.11b/g/n対応の無線LANを搭載し、液晶上部に130万画素Webカメラを内蔵する。

 本体サイズは、約380.5(幅)×254(奥行き)×28.0〜35.6(高さ)ミリ、重量は約3キロ。OSは64ビット版Windows 7 Home Premiumで、Office Home and Business 2010プリインストールモデルも選択可能だ。カラーバリエーションとして、ブラックとホワイトの2色が用意される。

関連キーワード

dynabook | 新色 | モバイルPC | vPro | ノートPC | 東芝


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.