ニュース
» 2011年10月24日 22時00分 UPDATE

使ってもらえばきっと分かる──をまず訴求:「OneNote使ってますか? 実はWP連携にぴったりです」──日本MS、Windows Phoneの普及活動に本腰 (1/2)

日本マイクロソフトがWindows Phone 7.5搭載スマートフォンの“現状”を説明。具体的な活用例とともに、新たに搭載する機能などを解説した。

[岩城俊介,ITmedia]

使えば分かる「Windows Phone」のよさ、PR活動に本腰

 日本マイクロソフトは10月24日、「Windows Phone」に関するプレス向け説明会を実施。2011年8月に発売した初のWindows Phone 7.5搭載スマートフォン「IS12T」を軸にした活用例、“近日、EZwebメール対応”を含む機能追加予定の項目の解説を行った。

photophotosi_wp75-03.jpg 「Windows Phone、利用者からは使いやすいという声を多数いただいている。ただ、初の製品ということで、非利用者に対して“どこがどう優れるのか”をきちんと説明しなければまだ伝わらないのが現状。日本マイクロソフトとして、この点を今までに増して積極的にPR活動していく」日本マイクロソフト コミュニケーションズパートナー統括本部長兼業務執行役員の横井伸好氏

 「Windows Phone向けアプリはほかより少ないと思われています。ただ、そうではなくなっていると伝えたい。アプリ数は全世界で3万、うち日本向けとして利用できるものが約1万。“かなりいいスピード”で(1日で150〜200本のレベルで)増えているほか、ワールドワイドで約15%が日本のデベロッパーさんであることも見通しがよいポイントです。開発工数の点など、ほか(のOS用)よりメリットがあると考えてくれるデベロッパーさんが多くなっています。使ってもらえればきっとそのよさに気がついてくれる。日本マイクロソフトとしてはその普及活動に本腰を入れており、今後もその“最初”を体験してもらう機会を多く用意したいと思います」(日本マイクロソフト コミュニケーションズパートナー統括本部長兼業務執行役員の横井伸好氏)

 Windows Phoneは、Windows搭載PCユーザーに利用者が多いマイクロソフトが展開する「Windows Live」サービスとの高い親和性・連携性を大きな特徴としている。Windows Liveサービスは、Webメールの「Hotmail」、SNS連携のメッセージングサービス「Live Messenger」、カレンダー、アドレス帳、25Gバイト無料のクラウドストレージ「SkyDrive」、さらには家庭用ゲーム機の「Xbox Live」、オフィススイート「Office」などの各種情報やデータをひとまとめに管理し、それらをスマートフォン、PC、テレビなどデバイスの隔てなく扱えるようにする「マルチスクリーン戦略」を推進する考えを示している。

photophotophoto Windows Phoneユーザー向けのポータルサイト「My Windows Phone(http://www.windowsphone.com/)」を用意し、Windows Live関連サービス群へのアクセスや「電話を探す」機能などを利用できる。電話を探す機能は、デバイス紛失時にGPSによるだいたいの位置確認や(拾ってくれた人への)「メッセージの表示」のほか、機能ロック、データワイプといった作業をWeb上で行える標準搭載のセキュリティ機能だ

 今後追加予定の機能には「Xboxコンパニオン」や「キャリアメールの対応」などが示された。Xboxコンパニオンは、Windows Phoneにおいて同じWindows Live IDでサインインしたXbox 360を操作できるようにするWindows Phone 7.5用アプリケーションだ。コンテンツ情報の閲覧やXbox本体へのダウンロード、コントローラ操作や動画再生操作を手元のスマートフォンで行えるようにする。また、2011年10月現在、国内向けWindows Phoneはauの「IS12T」のみだが、ようやく“ezweb.ne.jp”のキャリアメール(MMS)対応となるようだ。「EZweb対応アプリがようやくできた。まもなくKDDIから発表される」(日本マイクロソフト コミュニケーションズパートナー統括本部の石川大路エグゼクティブプロダクトマネージャ)

 このほか、Windows PCの中級者以上の層に「Windows Home Server 2011」との親和性の高さ、そしてOffice群の1つ「OneNote」がWindows Phoneの価値を最大化するソリューションだとする利用シーンの紹介が行われた。

 Windows Home Server(WHS) 2011は、複数台のWindows PCを所持・管理する層に便利な、普段のWindows 7と似た使い勝手で管理できる家庭用途向けサーバOSだ。ネットワーク経由でのファイル管理や共有、PC環境の自動バックアップといった高機能NASにプラスαの使い勝手を提供する機能とともに、WHS向けアドオン「Windows Phone Connector」により、出先のWindows Phoneから自宅環境へのリモートアクセスを容易に実現できる利便性も訴求したいという。

photophotophoto XboxをWindows Phoneで操作できるようにする「Xboxコンパニオン」(写真=左)やauキャリアメールへの近日対応(写真=中央)のほか、Windows PCの中級者以上の層には「Windows Home Server+Windows Phone 7.5用アドオン」でより手軽に自宅リモートアクセスを実現するシーンも便利そうだ(写真=右)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.