ニュース
» 2011年10月28日 13時44分 UPDATE

DHARMAPOINT、“ガラスビーズ”でセンサー効率を高めたゲーマー向けマウスパッド

DHARMAPOINTは、同社製マウスパッド「Dharma Tactical Pad」の新モデル2タイプ「Glass Reflective」「Rough surface」を発表した。

[ITmedia]

 DHARMAPOINTは10月28日、同社製マウスパッド「Dharma Tactical Pad」の新モデル2タイプ「DharmaTactical Pad Glass Reflective」「DharmaTactical Pad Rough surface」を発表、11月下旬より販売を開始する。

photophotophoto DharmaTactical Pad Glass Reflective(左)、DharmaTactical Pad Rough surface(中/右)

 DharmaTactical Pad Glass Reflectiveは、表面に極小のガラスビーズを敷き詰めたゲーマー向けマウスパッド。ガラスビーズは、センサー光が入射角方向に戻る“再帰性反射”を備えており、より高いトラッキング性能を引き出すことが可能としている。なお、RAZER製の3G/3.5Gレーザーセンサーは非対応となる(4Gレーザー、3G/3.5G赤外線センサーは対応)。本体サイズは330(幅)×230(奥行き)ミリ。予想実売価格は3980円だ(税込み/以下同様)。

 DharmaTactical Pad Rough surfaceは、表面素材にPET樹脂を用いたゲーミングマウス。表面仕上げを意図的に粗めに仕上げることでマウス底面の設置面積を減らし、操作性を向上させているのが特徴だ。ラインアップは、本体サイズ250(幅)×210(奥行き)ミリの「DRTCPW25RS」と本体サイズ350(幅)×250(奥行き)ミリの「DRTCPW35RS」の2タイプを用意。予想実売価格はそれぞれ1580円/2380円。

関連キーワード

DHARMAPOINT | マウスパッド


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう