ニュース
» 2011年11月01日 15時27分 UPDATE

サーマルティク、“黒軸”キーを採用したマクロ機能搭載ゲーミングキーボード

リンクスインターナショナルは、Thermaltake製ゲーミングキーボード「KB-MGU006US」の取り扱いを開始した。

[ITmedia]
photo KB-MGU006US

 リンクスインターナショナルはこのほど、Thermaltake製ゲーミングキーボード「KB-MGU006US」の販売を開始した。価格はオープン、予想実売価格は1万2980円前後(税込み)。

 KB-MGU006USは、USB接続に対応したゲーマー向きキーボードで、キー配列は英語97キー配列を採用。キースイッチには独ZF Electronics(Cherry)製の“黒軸”スイッチを採用している。

 同時押しは最大48キーまでの認識が可能だ。マクロ機能も備えており最大60個のマクロ登録を行えるほか、一時的にWindowsキーを無効にできる“ゲームモード”も備えた。

 2ポートのUSBハブおよびオーディオ入出力も内蔵。本体手前側のパームレストは任意に取り外しが可能だ。本体サイズは517(幅)×237.5(奥行き)×36.6(高さ)ミリ、重量は1297グラム。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう