ニュース
» 2011年11月07日 12時07分 UPDATE

リコー、約12センチから至近投写できる超短焦点プロジェクター「IPSiO PJ WX4130N」

リコーは、小型筐体を採用した超短焦点プロジェクター「IPSiO PJ WX4130N」「同 WX4130」を発表した。

[ITmedia]
photo IPSiO PJ WX4130N

 リコーは11月7日、小型筐体を採用した超短焦点プロジェクター「IPSiO PJ WX4130N」「IPSiO PJ WX4130」を発表、11月18日より販売を開始する。それぞれ通常モデルのほか延長保守サービスを加えた“安心3年モデル”も用意。価格はいずれもオープンだ。

 IPSiO PJ WX4130N/同 WX4130は同社初となる超短焦点プロジェクターで、ミラー反射型の超短焦点プロジェクターとしては世界最小/最軽量をうたうコンパクト筐体を採用したモデルだ。自由曲面ミラーの採用により、スクリーンまでの距離がわずか11.7センチで投写することができる。

 投写はDLP方式を採用、画素数は1280×800ドットに対応した。投写画面サイズは48〜80型となっている。映像入力インタフェースはアナログD-Sub/HDMI/コンポジットビデオ入力を装備。またWX4130Nはギガビット対応LAN/IEEE802.11a/b/g/n無線LAN接続に対応するほか、USBメモリを用いた静止画(JPEG)/動画(MPEG-2)再生にも対応した。

 本体サイズは257(幅)×144(奥行き)×221(高さ)ミリ、重量は約3キロ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.