ニュース
» 2011年11月08日 12時29分 UPDATE

NEC、52型タッチパネルを内蔵したディスカッション向きテーブル「X-info Table」

NECは、パイオニアソリューションズとの共同開発モデルとなる大型タッチパネル端末「X-info Table」の販売を発表した。

[ITmedia]
photo X-info Table

 NECは11月8日、パイオニアソリューションズとの共同開発モデルとなる大型タブレット端末「X-info Table」の販売開始を発表した。出荷時期は2012年2月の予定。価格はオープンだ。

 X-info Tableは、1920×1080ドット表示対応の52型タッチパネル液晶を内蔵した大型のタブレットを埋め込んだディスカッション向きのテーブル端末。10点までのマルチタッチに対応しており、複数メンバーによる操作を行うことができる。

 付属スキャナにより紙文書の取り込みを行えるほか、他のPC/スマートフォンや周辺機器との連動機能も備えた。また別売オプションを用いることで、地理空間情報システム(GIS)の利用やX-info Table同士をネットワーク経由で遠隔接続できる“遠隔会議システム”なども利用可能となっている。

 CPUはCore i7を採用、OSはWindows 7を導入。定格消費電力は420ワットだ。本体サイズは1600(幅)×1000(奥行き)×900(高さ)ミリ、重量は160キロ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう