ニュース
» 2011年11月08日 13時38分 UPDATE

ディラック、実売6000円台のマザー倒立構造ミドルタワーケース「Outlaw」

ディラックは、台湾BitFenix製となるミドルタワー型ケース「Outlaw」の取り扱いを開始する。

[ITmedia]

 ディラックは11月8日、台湾BitFenix製となるミドルタワー型ケース「Outlaw」の取り扱いを発表、11月11日より販売を開始する。価格はオープン、予想実売価格は6480円前後(税込み)。

photophoto Outlaw

 Outlawは、ATXマザーボードの搭載に対応したミドルタワー型のPCケース。マザーボードを上下逆に設置する倒立構造を採用したモデルで、拡張スロット部は最大で438ミリまでの奥行きを利用可能だ。

 ドライブベイは5インチ×4、3.5インチシャドー×4、2.5インチシャドー×1を装備。冷却ファンは背面12センチ角ファン×1を標準搭載するほか、前面/側面/天板/底面に最大7基のファンを追加できる。

 前面インタフェースはUSB 2.0×4/オーディオ入出力を装備。本体サイズは180(幅)×478(奥行き)×438(高さ)ミリ。

関連キーワード

マザーボード | ディラック | PCケース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう