ニュース
» 2011年11月09日 13時06分 UPDATE

東芝パソコンシステム、Atom搭載の組み込み向けMini-ITXマザー「TEM410」

東芝パソコンシステムは、組み込み用途向けとなるAtom搭載Mini-ITXマザーボード「TEM410」を発売する。

[ITmedia]
photo TEM410

 東芝パソコンシステムは11月9日、Atom搭載Mini-ITXマザーボード「TEM410」を発表、2012年1月より販売を開始する。価格はオープン。

 TEM410は、業務用途向けとなるMini-ITXマザーボード「TEM400」の後継モデルで、搭載CPUをAtom D525(1.8GHz)に強化したのが特徴だ。

 そのほかのおもな仕様はTEM400にほぼ準じており、メモリスロットはDDR3 SO-DIMMスロット1本を装備(最大2Gバイト)。拡張スロットはPCI Express x16×1(x4動作)を搭載、バックパネルインタフェースはアナログD-Sub×1、USB 2.0×4、ギガビット対応LAN×2などを備えた。

関連キーワード

マザーボード | Atom | mini-ITX | 東芝 | 組み込み


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう