連載
» 2011年11月11日 16時11分 UPDATE

大学生のデジタル事情(6):「みんなiPhoneだから、iPhoneでしょ」――大学生のガジェット感

大学生の間でも「iPhone」の人気は高く、合コン向けアプリを活用する“リア充”な学生は珍しくない。ただし有料アプリについては、「お金払ってまではちょっとねー」という感じらしい。

[袴田真尚(ぜせ),ITmedia]

カバンの中にUSBメモリとiPhone

og_gakusei_006.jpg 学内ではiPhoneとUSBメモリのコンビが“鉄板”か

 講義のメモは、現在もシャープペンかボールペンでとるのが一般的。ノートPCに打ち込む学生の姿も見られるが、200人規模の教室で数名程度と数は少ない。情報系の授業に限っても50人に1人ほどの割合だ。周囲の意見を聞くと「ノーパソは重いし、かさばるのでイヤ」が大半を占める。

 一方、ノートPCの利用率は低いものの、携帯してもじゃまにならないUSBメモリは、ほぼすべての学生が持っている。学内には自由に使えるPC環境があり、Wordで作成した書類を大学でプリントアウトするのは日常的な光景だ。講義の合間にリポートを書きあげて自宅に持ち帰ったり、お気に入りのサイトのURLを入れておいて、学内で閲覧する学生もいたりする。

 携帯端末でいえばiPhoneの人気が高いようだ。Android携帯を使う学生もいるが、筆者の回りではそれほど見かけない。知人のiPhoneユーザーに使っている理由を聞くと、単に流行っているからという印象も強く、「みんなiPhoneだから、iPhoneでしょ」だそうだ。

 携帯で利用するアプリはゲームが人気で、講義中に机の下で遊んでいる学生もちらほら見かける。育成ゲームやRPG、麻雀からパチスロなどジャンルはさまざま。交友の幅が広い学生の間では、合コンを盛り上げる「押したの誰だ!?」や、お互いのiPhoneをタッチするだけで情報交換ができる「Bump」、登録者同士なら無料で通話が楽しめる「Viber」といったアプリが人気だ。ただし、有料アプリになると「お金を出してまではちょっと……」と足踏みする学生は多い。

袴田真尚(ぜせ)

神奈川県の私大に通う4年生。23歳。総合大学のなかで情報学部に所属。部活、サークルはせず、よく友人とSkypeをつないでは、雑談混じりのオンライン対戦を楽しむ。彼女なしの超インドア派で、リア充とは無縁な草食系。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.