ニュース
» 2011年11月15日 13時31分 UPDATE

パナソニック、10時間駆動/堅牢設計のAndroidタブレット端末「TOUGHPAD」

パナソニックは、耐衝撃/対水設計を採用した企業向けAndroid搭載タブレット端末「TOUGHPAD」を発表した。

[ITmedia]
photo TOUGHPAD

 パナソニックは11月15日、耐衝撃/対水設計を採用したAndroid搭載タブレット端末「TOUGHPAD(タフパッド)」を発表、11月16日より受注を開始する(発売時期は2012年5月予定)。標準モデルの「FZ-A1BDAAZAJ」と3G通信モジュール搭載モデルの「FZ-A1BDAAEAJ」の2タイプを用意、価格はともにオープンだ。

 同社製の堅牢ノートPC「TOUGHBOOK」シリーズの技術力をベースとした企業向けのAndroid端末で、防塵/防滴/対振動性に優れた堅牢設計となっているのが特徴だ。液晶パネルは1024×768ドット表示対応の10.1型タッチパネル液晶を搭載、屋外でも高い視認性を得られる高輝度仕様となっている。

 OSはAndroid 3.2を導入、メモリは1Gバイト、ストレージは16Gバイトフラッシュメモリを内蔵。ほかIEEE802.11a/b/g/n無線LAN、Bluetooth 2.1+EDR、GPS、Webカメラ(計2基)などを備えるほか、暗号鍵の改ざん/漏えいを防止するセキュリティプロセッサを標準搭載した。

 バッテリー駆動時間は約10時間。本体サイズは266.3(幅)×212(奥行き)×17(高さ)ミリ、重量は約0.97キロ(デジタイザーペンを除く)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.