ニュース
» 2011年12月08日 16時36分 UPDATE

OCZ、フルプラグイン式を採用した“BRONZE”認証ATX電源「ZT」シリーズ

CFD販売は、OCZ Technology製となるATX電源ユニット「ZT」シリーズ計3製品の取り扱いを開始する。

[ITmedia]
photo OCZ-ZT750W

 CFD販売は12月8日、OCZ Technology製となるATX電源ユニット「ZT」シリーズの取り扱いを発表、12月中旬に出荷を開始する。ラインアップは550ワットモデルの「OCZ-ZT550W」、650ワットモデルの「OCZ-ZT650W」、750ワットモデルの「OCZ-ZT750W」の3タイプを用意した。価格はオープン、予想実売価格はそれぞれ9000円前後/1万円前後/1万1000円前後(いずれも税込み)。

 3製品はいずれも80PLUS BRONZE認証取得済みとなるATX 12V Ver2.2準拠のATX電源ユニットで、全ケーブルを取り外し可能なフルプラグイン式を採用した。+12ボルト出力は1系統のシングルレーン設計で、それぞれ45アンペア/54アンペア/62アンペアを利用できる。

 冷却ファンは14センチ径の静音ファンを搭載した。本体サイズは150(幅)×175(奥行き)×86(高さ)ミリ。

関連キーワード

OCZ Technology | 電源ユニット | CFD販売


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう