ニュース
» 2011年12月09日 14時10分 UPDATE

サードウェーブ、「Dospara」ブランドのオリジナルDDR3メモリを販売開始

サードウェーブは、「Dospara」ブランドによるメモリ製品の販売開始を発表。ADATAとの共同開発となっている。

[ITmedia]

 サードウェーブはこのほど、「Dospara」ブランドによるメモリ製品「ドスパラメモリー」を発表、第一弾モデとなるDDR3メモリ3製品の販売を開始した。

photo.photo.photo DP-U16008GEL-AT3(左)、DP-U13338GEL-AT1(中)、DP-U1 3338GEL-AT2(右)

 ADATAとの共同開発となるメモリモジュールで、メモリーチップにはElpida製を採用しチップ選別から出荷までの工程をADATAで一貫して行う。また、Intel X79搭載マザーボードでの動作も確認済みとなっている。

 第一弾製品のラインアップは、DDR3-1600に対応する4Gバイト×2枚組の「DP-U16008GEL-AT3」、DDR3-1333に対応する4Gバイト×2枚組の「DP-U13338GEL-AT1」、およびノートPC向けとなるDDR3-1333対応DDR3 SO-DIMM 4Gバイト×2枚組の「DP-U1 3338GEL-AT2」の3タイプを用意した。同社販売価格はそれぞれ4480円/3980円/3980円だ(いずれも税込み)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.