ニュース
» 2011年12月13日 16時45分 UPDATE

GeIL、80PLUS GOLD認証済みのハイエンド向け電源「THUNDERBOLT PLUS」

エムヴィケーは、台湾GeIL製のハイエンド向けATX電源ユニット「THUNDERBOLT PLUS」シリーズの取り扱いを開始する。

[ITmedia]

 エムヴィケーは12月13日、台湾GeIL製のハイエンド向けATX電源ユニット「THUNDERBOLT PLUS」シリーズの取り扱いを発表、今週より販売を開始する。ラインアップは850ワットモデルの「TTBP850G」、1000ワットモデルの「TTBPK00G」、1200ワットモデルの「TTBPK20G」の3製品を用意した。価格はいずれもオープン、予想実売価格はそれぞれ2万2800円/2万6800円/2万9800円だ。

photophotophoto TTBP850G(左)、TTBPK00G(中)、TTBPK20G(右)

 THUNDERBOLT PLUSシリーズは、いずれも80PLUS GOLD認証取得モデルとなるATX12V v2.3準拠のATX電源ユニットで、消費電力や変換効率をリアルタイムにチェックできる専用のモニタリングユニット「iPowerMeter」が付属する。

 冷却ファンは135ミリ径ファンを内蔵。+12ボルト出力は1系統で、それぞれ70アンペア/83アンペア/100アンペアを利用可能。ケーブルはSATA/ペリフェラル用などをプラグイン式としている。

関連キーワード

GeIL | ハイエンド | MVK | 電源ユニット


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう