ニュース
» 2011年12月14日 21時10分 UPDATE

パイオニア、世界最小・最軽量のポータブルBlu-ray Discドライブ「BDR-XD04J」

USB 2.0接続のポータブルBlu-ray Discドライブ「BDR-XD04J」がパイオニアから登場。クラムシェル型のボディは世界最軽量の約240グラム。

[ITmedia]
og_pioneer_001.jpg BDR-XD04J

 パイオニアは12月14日、USB 2.0接続のポータブルBlu-ray Discドライブ「BDR-XD04J」を発表、1月上旬に発売する。価格はオープン。

 携帯性を考慮したクラムシェル型のボディは、本体サイズが133(幅)×133(奥行き)×14.8(高さ)ミリ、重量約240グラムと、クラス最小最軽量を実現しているのが特徴。USBバスパワーで動作する。すべてのBDXL(BD-R XL/BD-RE XL)をサポートしており、BD-Rへの記録速度は1層/2層が最大6倍速、3層/4層が最大4倍速、BD-RE(1層/2層/3層)への書き換えは最大2倍速で行える。

 同一LAN内の機器に録画したデジタル放送をBDメディアに書き込めるDigiOn製の「DiXiM BD Burner 2011 for pioneer」や、オーディオデータの欠落・補完の発生を抑える「PURE READ2+」を付属するほか、Blu-ray 3Dの再生に対応した「PowerDVD 10」をはじめ、オーサリングソフトやライティングソフトなど、CyberLink製の各種ソフトウェアをバンドルしている。

関連キーワード

BDXL | Blu-rayドライブ | パイオニア | PowerDVD


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.