ニュース
» 2011年12月16日 12時55分 UPDATE

プラネックス、デュアルアンテナを装備した11a/b/g/n対応USB無線LANアダプタ

プラネックスコミュニケーションズは、5GHz帯/2.4GHz帯の同時利用をサポートしたUSB無線LANアダプタ「GW-USFang300」を発表した。

[ITmedia]
photo GW-USFang300

 プラネックスコミュニケーションズは、IEEE802.11a/b/g/n接続に対応するUSB無線LANアダプタ「GW-USFang300」を発表、本日より販売を開始する。参考価格は8000円。

 GW-USFang300は、計2基の搭載アンテナにより理論値最大300Mbps接続を実現したUSB外付け型の無線LANアダプタで、2.4GHz帯/5GHz帯通信の同時利用に対応している。またアンテナは通常モードのほか、1基ずつを子機/親機モードとして同時に使用することも可能だ。ほか、Windows 7の「Virtual Wi-Fi」機能もサポートした。

 接続設定はWPSに対応。本体サイズは約27(幅)×71.5(奥行き)×13(高さ)ミリ、重量は約42グラム。対応OSはWindows XP(SP3以降)/Vista(SP2以降)/7。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.