ニュース
» 2011年12月19日 10時18分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:「いまでも需要はあるのです」――AGP対応グラフィックスカードなど“枯れた新製品”の魅力 (1/4)

X79マザーや独自の仕様を備えたグラフィックスカードなど、トレンド真っ最中の新製品もいいが、コストと実力のバランスをみるなら、レガシー規格に準拠する“枯れた新製品”も魅力的だ。

[古田雄介(ぜせ)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]

AGP接続のGeForce 6200Aと、CUDAコア増量版のGeForce GTX 560 Tiカードが登場!

og_akiba_001.jpg AFOX「AF62A-512D2H2」

 マザーボードやグラフィックスカードなどの板モノは、数年前に流行したチップを使った新製品が投入されることもある。TSUKUMO eX.は「どこかの工場から不良在庫になったチップや基板などが大量に出回って、それをベースに新製品が作られるというパターンも海外ではよくあります」と語る。そのうち日本で売れそうなものは、ショップが直接並行輸入したり、代理店を通して大規模に輸入したりして、アキバに姿を現すことになる。今週は、その手の新製品が目立っていた。

 クレバリー1号に入荷したのは、GeForce 6200Aを搭載したAFOXのグラフィックスカード「AF62A-512D2H2」だ。GeForce 6200Aは、2004年ごろに登場したGeForce 6200チップをAGPにネイティブ対応したバリエーションモデルで、AF62A-512D2H2もAGP 8Xで接続される。1スロット占有型で、DDR2メモリを512Mバイト搭載する。価格は4380円だった。同店は「実は夏ごろにほぼ同じ製品を仕入れる予定だったんですが、付属品がバラバラだったりとひどい状態だったので取りやめたんです。今回はきちんとそろっていたので取り扱いしました。いまでもAGP 8Xの需要はありますからね」と裏話を語ってくれた。

og_akiba_002.jpg ASRock「G41C-VS」

 現行の安価なマザーといえば、5000円前後から製品が見つかるH61やA55マザーなどが挙げられるが、G41やAMD 800シリーズを搭載したモデルも比較的流通量が多い。先週は複数のショップにASRockのG41マザー「G41C-VS」が入荷していた。DDR2とDDR3に両対応するmicro ATXマザーで、各規格向けにメモリスロットを2基ずつ用意しているのがポイントだ。両規格の併用はできず、2スロットを使って最大8Gバイトまで搭載できる。価格は4000円前後。

 PC DIY SHOP FreeTは「古めのメモリを再利用できますし、マザー独自にDDR3-1333にも対応しているので、最近の安いDDR3メモリを使うという手もありですよ。LGA 775対応のCPUがあるなら、安くマシンを組むのにいい選択肢になるでしょう。レガシー系はコンセプトを割り切るとすごく狙い目ではあるので、イチから組むのも場合によってはありだと思います」と話していた。

og_akiba_003.jpg EVGA「GeForce GTX 560 Ti Classified」

 一方で、最新鋭のパーツが並行輸入で店頭に並ぶ場合もある。先週目立っていたのは、ドスパラ パーツ館が入荷したEVGAのGeForce GTX 560 Tiカード「GeForce GTX 560 Ti Classified」だ。通常のGTX 560 Tiと違い、CUDAコアが384基から448基に増やし、コアクロックを822MHzから797MHzに減らす、特殊な仕様となっている。価格は2万9490円だ。

 同店は「特価で2万5000円程度になっているGeForce GTX 570カードもあるくらいですから、当然この価格では売れませんよ。まあ、未発表のバリエーション仕様という話題性を重視して仕入れたという感じです。たまにはこういうヘンなモノが混ざってこそのアキバだと思いますし」と語る。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.