連載
» 2011年12月28日 11時16分 UPDATE

鈴木淳也の「お先に失礼! Windows 8(まだ仮称)」:Windows 8でも使いたい「ショートカット」一覧 (2/2)

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]
前のページへ 1|2       

「Windows」+「Z」

 各アプリは、実行中に呼び出し可能なメニューを用意していて、タッチ操作では画面の下端、または上端から内側に向かって“なぞる”ことでメニューが出現する。これを「App Bar」と呼ぶ。Internet Explorerでいう「アドレスバー」や「タブ」などのメニューがこれに該当する。

 この呼び出し方法はいくつかあり、マウス操作の場合は「右クリック」、キーボードの場合は「Alt」キーを押すか、この「Windows」+「Z」のショートカットを用いる。

kn_win8sckb_05.jpg Internet Explorer(Metroスタイル版)で「App Bar」を使った例。従来の「メニューバー」に相当する

「Windows」+「.」

 スタート画面のタイルやメニュー選択は、カーソルキーに「Enter」「Space」を組み合わせで行えるほか、画面スクロールも「Page Up」「Page Down」で実行できる。また「Windows」+「Tab」、または「Alt」+「Tab」でアプリの切り替えも可能だ。このように、Metroスタイルアプリでもキーボードでほとんどの操作を行えるようになっている。

 「Snap View」をキーボードから呼び出す場合、Metroスタイルアプリが実行中の状態で「Windows」+「.」と入力することで、当該アプリの「Snap View(左)」→「Snap View(右)」→「フルスクリーン」の順番で切り替える。Snap View状態で前述の「Windows」+「Tab」といったアプリ切り替え動作を行うと、Snap Viewでない画面でアプリが次々と切り替わる。

 Snap Viewを中止させたい場合は、「Windows」+「.」を1〜2回入力してアプリの全画面モードを呼び出せばいい。

kn_win8sckb_06.jpg キーボードショートカットでもSnap Viewの操作ができる。「Windows」+「.」を押すたびに、Snap Viewの配置を3段階で切り替える。また、「Shift」キーを組み合わせると逆の順で切り替わる

Windows 8 DPのデスクトップ画面でも使えるショートカット

 以上がMetroスタイルのアプリで使える、Windows 8 DPで確認できたショートカットだ。今後、Windows 8 DPの開発が進んで製品版に近付く過程で変更が加わる可能性もあるが、ここでは、このほかのWindows 8 DP全般で使える代表的なショートカットを紹介しておく。

 ただし「Windows」+「E」などのように、これらショートカットは従来の「デスクトップ操作」を前提としているため、Metroスタイルのアプリを起動中であっても、いきなりデスクトップ画面に移動して「エクスプローラ」が起動したりと、ユーザーには唐突な印象を与える。

「Windows」+「E」 デスクトップ画面に移動して「エクスプローラ」を起動

kn_win8sckb_07.jpg どのアプリが起動している状態でも、強制的にデスクトップ画面に移動して「エクスプローラ」を起動する

「Windows」+「Y」 デスクトップ画面に移動して全ウィンドウを透明化し、デスクトップの背景を表示

「Windows」+「D」 デスクトップ画面に移動して全ウィンドウを最小化

「Windows」+「Space」 言語バーの切り替え

kn_win8sckb_08.jpg Metroスタイルのアプリには、デスクトップ画面のようなウィンドウ表示の概念が存在しないが、言語バーはアプリ中の適当な場所(多くは画面右側中央)に出現して、現在の言語モードを表示する

「Windows」+「L」 PCのロック

「Windows」+「O」 画面回転ロック

「Windows」+「Enter」 Narrator(ナレーター)の起動

kn_win8sckb_09.jpg Narrator機能の呼び出し。。Windows 8 DPは、音声で機能説明を行う「Narrator」(ナレーター)という機能を導入している。アクセシビリティ向上の機能で、テキストの音声読み上げや、メニュー解説、操作ガイドなど、ユーザーの操作補助機能として利用する


 Windows 8 DPを操作すると分かるが、タッチ操作を重視したユーザーインタフェースとはいえ、ある程度はキーボードだけでも直感的に操作できる。しかし、メニューの呼び出し方法が分からない局面もあり、それを補完するのがキーボードショートカットになる。

 また、マウス操作でタッチ操作を代替えしていても、操作が面倒と感じる場合も多い。キーボードとマウスで操作するユーザーは、ショートカットも取り入れて、両者を使い分けて操作すると効率がいい。特にCharm関連のショートカットを覚えると操作速度が格段に上がるだろう。

前のページへ 1|2       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう