ニュース
» 2012年01月09日 16時31分 UPDATE

2012 International CES:Lenovo、“キーボード”搭載可能の「IdeaTab S2-10」

Lenovoは、1月9日にタブレットデバイスのIdeaTABやスマートテレビ、そして、同社が個人向けに提供する独自のクラウドサービスを公開した。

[ITmedia]

IdeaTab S2-10

 タブレットデバイスでは、「IdeaTab S2-10」を発表した。10型ワイド液晶ディスプレイ(解像度は1280×800ドット)を搭載したタブレットデバイスで、本体の厚さは0.34インチ、重さは1.1ポンド未満になる。CPUはクアルコムの新しいデュアルコアモデルのSnapdragon 8960を搭載して動作クロックは1.7GHz。データストレージは容量64GバイトのSSDを採用する。OSはAndroid 4.0を導入。ホーム画面では、Lenovoオリジナルで、IdeaPad Tabletなどでも採用する“Mondrian UI”を利用する。

 IdeaTab S2-10には、バッテリーを内蔵した専用のキーボードドッキングステーションを用意する。バッテリー駆動時間は本体のみの場合は約9時間だが、キーボードドッキングステーションを接続すると20時間以上となる見込みだ。インタフェースも、本体のMicro HDMIのほかに、キーボードドッキングステーションに搭載した2基のUSB 2.0とSDメモリーカードリーダーが利用できる。

kn_ideatab_03.jpg 専用のキーボードドッキングステーションを用意する「IdeaTab S2 10」

S2 Smartphone、K91 Smart TV

 S2 SMartphoneは、クアルコムの最新CPU(型番は明らかにしていない)を搭載し、Android 2.3を導入したスマートフォンだ。Lenovoが独自にカスタマイズしたセキュリティ機能をカーネルレベルで組み込んだほか、レノボが用意するPersonal Cloudに対応して、撮影した画像や音楽データ、動画、個人情報をオンラインストレージでほかのデバイスと共有できる。

 K91は、クアルコムのSnapdragon 8060デュアルコアをCPUとして搭載し、OSにAndroid 4.0を導入したスマートテレビだ。IPSパネルを採用し、垂直同期クロックは240Hzでステレオ立体視の再生に対応する。また、ゲームに関しても、コンソールゲームを接続して遊ぶほかに、Androidマーケットからダウンロードしたゲームも楽しめる。

kn_ideatab_02.jpgkn_ideatab_01.jpg 最新のSnapdragonを搭載する「S2 Smartphone」(写真=左)と、Android 4.0を導入するスマートテレビの「K91」(写真=右)

Personal Cloud

 Lenovoは、個人向けクラウドの構想を明らかにした。企業向けに提供しているクラウドサービスをコンシューマーの個人ユーザーでも利用できるようにするもので、PCやタブレットデバイス、スマートフォン、そして、スマートテレビで同じような利用環境が構築できることを目的とする。

 なお、今回発表した、IdeaTAB S2 10と、S2 Smartphone、K91 Smart TVは、中国向けの出荷を先行し、ほかの国に向けての出荷は、そのあとになる予定だが、時期を明らかにしていない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.