ニュース
» 2012年01月11日 14時29分 UPDATE

リードテック、ゼロクライアント製品「WinFast VP200」新モデルを発表

リードテック ジャパンは、同社製ゼロクライアント製品「WinFast VP200」シリーズの新モデル計4製品を発売する。

[ITmedia]

 リードテック ジャパンは1月11日、同社製ゼロクライアント製品「WinFast VP200」シリーズの新モデル計4製品「WinFast VP200PS」「WinFast VP200PF」「WinFast VP200PSF」「WinFast VP200H」を発表、1月中旬より出荷を開始する。予想実売価格はVP200PSが3万7000円前後、VP200Hが3万8000円前後(VP200PF/VP200PSFは未定)。

photophoto WinFast VP200PS(左)、WinFast VP200H(右)

 WinFast VP200シリーズは、端末側にCPU/ストレージを搭載しないゼロクライアント環境を実現できるシステム。今回の発表では、新たにクライアント端末3製品のWinFast VP200PS/同 VP200PF/同 VP200PSF、およびホストカードのWinFast VP200Hの4製品がラインアップに追加された。

 また端末側のVP200PS/VP200PF/VP200PSFはVMware製の仮想デスクトップ機能「VMware View」をサポートしている。本体サイズは35.5(幅)×132(奥行き)×175(高さ)ミリ。

関連キーワード

リードテック | VMware | VMware View


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう