ニュース
» 2012年01月16日 20時26分 UPDATE

エバーグリーン、置き場所で音色が変わるコンパクトな振動式スピーカー2種を発売

置いた台を振動板にする振動式スピーカー2種がエバーグリーンから登場。三角のドーム型とキューブ型のコンパクトなモデルだ。

[ITmedia]

 エバーグリーンは、設置場所によって音が変化する振動式のスピーカー2種を発売した。同社の直販サイト「上海問屋」での限定販売で、価格は三角形のスピーカー「DN-YAU-D01」が2499円、キューブ型のスピーカー「DN-YAU-D03」が1999円となっている。

PhotoPhoto 「DN-YAU-D01」(写真=左)と、「DN-YAU-D03」(写真=右)。手のひらに乗るコンパクトサイズだ

 振動式スピーカーは、設置した台を振動板にして音を出すため、設置場所によって音色が変化するのが特長。再生機器との接続には専用ケーブルを利用するが、付属ケーブルの先端にはステレオミニピンが取り付けられており、スマートフォンやポータブルプレーヤーと組み合わせて使用できる。電源はUSB給電方式を採用。

 DN-YAU-D03は水色のキューブ型で、角のないシンプルなデザインだ。サイズは50(幅)×38(高さ)×50(奥行き)ミリ、重量は約220グラム。DN-YAU-D01は三角のドーム型で、サイズは90(幅)×30(高さ)×85(奥行き)ミリ、約300グラム。DN-YAU-D01にのみケーブルの途中に取り付けられる音量操作ユニットが付属する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう