ニュース
» 2012年01月17日 12時20分 UPDATE

導入事例:NEC製タブレット「LifeTouch」、岐阜県白川町の見守りシステムに採用

NECは、地域行政の見守りシステムとしてAndroidタブレット「LifeTouch」を納入したと発表。タブレットと地域ネットワークを利用し、安否確認やテレビ電話機能、買い物支援機能などを提供する。

[ITmedia]
photo 岐阜県白川町の見守りシステムイメージ図

 NECとNECネッツエスアイは1月17日、NEC製Androidタブレット「LifeTouch」を岐阜県加茂郡白川町の世帯安否確認や見守りなどを行うシステムとして納入したと発表した。

 独居世帯に対する電話連絡や民生委員による訪問といったこれまでの福祉対策に加え、本システムと光ケーブルによる地域ネットワークを用い、独居世帯と自治体がタブレットの画面上で手軽に連絡できるようにする。自治体の負担を軽減しながら、より細かな見守りを実現するのが狙い。2012年1月から35世帯で利用を始め、順次独居世帯へのさらなる展開、進展も計画する。

 同システムはLifeTouchなどのタブレットを活用した「ライフコミュニケーションサービス」を軸に展開。テキスト・音声メッセージによる「元気お伺い」安否確認機能、シンプルな操作で利用できる「テレビ電話」機能、行政からの情報をテキスト・音声・動画で分かりやすく伝達する「電子回覧」機能、外出することなく地域の各店舗が登録した商品を注文できる「買い物支援」機能などを用意する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう