ニュース
» 2012年01月26日 11時00分 UPDATE

Android端末用ソフト付属:インターコム、PC高速化ソフトの10代目「SuperWin Utilities 2」

インターコムはPC高速化ソフト「SuperWin Utilities 2」を発売する。ユーザーに対してメンテナンスを実行するように勧める機能を追加したほか、Android端末用のユーティリティソフトが付属する。

[池田憲弘,ITmedia]
photo SuperWin Utilities 2のパッケージ

 インターコムは1月26日、PC高速化・最適化ソフト「SuperWin Utilities 2」を発表した。2012年2月16日に発売する。価格は2ライセンスが付属する通常パッケージ版が8190円(税込み、以下同)、ダウンロード版が4515円(1ライセンス)。このほか乗り換え版(1ライセンス3570円、ダウンロード版のみ)や5ライセンスパック(1万8060円)なども用意する。

 SuperWin Utilities 2は、PCのメンテナンスが行えるユーティリティソフト。不要ファイルの削除、デフラグ、システム設定の最適化などを行い、Windowsの起動やアプリケーション起動の高速化を実現するほか、プリンターのインク消費を抑える機能も備える。

 今回のバージョンアップでは、PCの状態をソフトが判断し、メンテナンスを行うよう推奨する「PCの健康診断」機能を実装した。各メンテナンス機能の性能も強化し、本製品の導入によりWindowsの起動時間を約53%短縮できるとしている。対応OSはWindows 7/Vista/XP(32ビット版のみ)。

 また、Android端末用のユーティリティソフト「SuperMobile Utilities」をSuperWin Utilities 2と同時発売する。画面の明るさやバックライト、Wi-Fiのオンオフなどの各種設定を節電用に切り替える「おまかせ節電」機能や、不要なタスクなどのデータを消去する機能、アプリ管理などの機能を備える。同社はおまかせ節電機能を使用すると、スマートフォンのバッテリー駆動時間が、未使用時と比較して約64%長くなるとしている(GALAXY NEXUS SC-04Dで計測。同社調べ)。

 価格は480円(税込み)で、Android 2.2/2.3/4.0に対応する。SuperWin Utilities 2を購入したユーザーは無料でSuperMobile Utilitiesを利用できる。

ki_inter02.jpgki_inter03.jpg 「SuperWin Utilities 2」メイン画面(写真=左)と「SuperMobile Utilities」メイン画面(写真=右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.