ニュース
» 2012年01月31日 11時40分 UPDATE

新色のグラファイトグレー採用:レノボ、Ultrabook「IdeaPad U300s」にCore i5搭載の下位モデル

レノボ・ジャパンは、同社製Ultrabook「IdeaPad U300s」の下位モデルを発表。搭載CPU/SSDの変更により低価格を実現した。

[ITmedia]

 レノボ・ジャパンは1月31日、同社製Ultrabook「IdeaPad U300s」の下位モデル(型番:108075J)を発表、2月3日より販売を開始する。実売価格は11万円前後の見込み。

photophoto 108075J

 従来の“クレメンタインオレンジ”モデル(型番:108074J)と同様に、最薄部約14.9ミリのスリム筐体を用いたノートPCで、CPUをCore i5-2467M、ストレージを128GバイトSSDに変更することで価格帯を引き下げているのが特徴だ。また本体カラーも新色の「グラファイトグレー」仕様としている。

 そのほかのスペックは同等で、液晶ディスプレイには1366×768ドット表示対応の13.3型ワイド液晶を内蔵。メモリは4Gバイトを装備、高速起動を実現する独自の「Lenovo RapidDrive SSD Technology」なども利用可能だ。OSはWindows 7 Home Premium 64ビット版。

関連キーワード

レノボ | IdeaPad | SSD | Ultrabook | Core i5 | 新色


news036.jpg

→「IdeaPad U300s」をレノボ公式サイトで購入する
天板から底板までをつなぎ目のないワンピース構成のメタルカバーで覆い、デザインにもこだわったスタイリッシュな製品


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.