ニュース
» 2012年02月01日 14時12分 UPDATE

パイオニア、BDXL対応のSATA内蔵型BDドライブ「BDR-S07J」

パイオニアは、BDXL 6倍速記録をサポートしたSATA内蔵型BDドライブ「BDR-S07J」シリーズを発表した。

[ITmedia]

 パイオニアは2月1日、BDXL 6倍速記録をサポートしたSATA内蔵型Blu-ray Discドライブ「BDR-S07J」シリーズを発表、2月中旬に販売を開始する。カラーバリエーションはクリアホワイト/ピアノブラック/ラバーブラックの3色を用意、価格はいずれもオープンだ。

photophotophoto BDR-S07J-W(左)、BDR-S07J-BK(中)、BDR-S07J-KR(右)

 BDR-S07Jは、Serial ATA接続に対応した5インチベイ内蔵型のBDドライブで、6倍速BDXL記録/12倍速BD-R記録をサポートした。また新機能として、ローディング中のディスク種類やドライブの状態などを確認できる「ディスクステイタス」「ドライブステイタス」機能が追加されている。

 ソフトウェアは、BD/DVD再生ソフト「PowerDVD10」、編集ソフト「PowerDirector 8」「PowerProducer 5」、ライティングソフト「Power2Go 7 for PURE READ」などに加え、LAN内の機器で録画した番組をBDに保存できる「DiXiM BD Burner 2011 for pioneer」も付属した。

 本体サイズは148(幅)×180(奥行き)×42.3(高さ)ミリ、、重量は750グラム。

関連キーワード

BDXL | Blu-rayドライブ | パイオニア | Serial ATA


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.