ニュース
» 2012年02月15日 15時30分 UPDATE

ADF+両面印刷で2万円台半ば:日本HP、SOHO/中小企業向けのA4インクジェット複合機など3モデル

日本HPはSOHO/中小企業向けのA4インクジェット複合機2モデル、A4単機能プリンタ1モデルを3月1日に発売する。直販価格は複合機で2万4990円から、単機能機で1万9950円だ。

[ITmedia]

 日本ヒューレット・パッカードは2月15日、SOHO/中小企業向けのA4インクジェット複合機「HP Officejet Pro 8600 Plus」と「HP Officejet Pro 8600」、A4単機能プリンタ「HP Officejet Pro 8100」を発表した。いずれも2012年3月1日に発売する。価格はオープン、HP Directplusでの直販価格は表記順に3万2970円、2万4990円、1万9950円だ。

tm_1202pro_01.jpgtm_1202pro_02.jpgtm_1202pro_03.jpg 左から「HP Officejet Pro 8600 Plus」「HP Officejet Pro 8600」「HP Officejet Pro 8100」

 HP Officejet Proシリーズは同社製ビジネス向けインクジェットプリンタの上位シリーズ。これら新モデルは、新型のプリントエンジンによって従来機(8500A Plus/8000)と比較して印刷速度を約30%高速化し、新開発の大容量4色独立顔料インクを採用することで、ランニングコストの低減(カラー1枚あたり約6.27円)と印刷画質も向上した。新インクの印刷可能枚数はブラックが2300枚、カラーが1500枚だ。

 また、インクが1色切れても印刷が可能な「インクバックアップ」機能や自動両面印刷機能、複合機には時間や曜日指定で電源オン/オフを設定できる「スケジュールオン・オフ」機能も搭載している。

 3モデルともIEEE802.11g/b/n準拠の無線LANと有線LANを搭載し、Eメール送信で本文や添付ファイル(画像やPDF、Office文書)がプリントできる機能「HP ePrint」、iOS/Android端末からプリントできるアプリ「HP ePrint Home & Biz」、iOS端末からスキャンやインク残量確認が可能なアプリ「HP Printer Control」に対応するほか、アップルの「AirPrint」、Googleの「Google Cloud Print」も利用できる。

 HP Officejet Pro 8600 Plusは、「HP Officejet Pro 8500A Plus」(2010年11月発売)の後継機。印刷速度がモノクロ20枚/分、カラー16枚/分、液晶モニタが4.3型で、50枚給紙できる両面対応のADF、A4より一回り大きいリーガルサイズに対応したスキャナ、FAX機能を装備する。メモリカードやUSBデバイスからのダイレクトプリントも可能だ。4カラー1枚あたりのインクコストは約6.27円。

 HP Officejet Pro 8600は、印刷速度がモノクロ18枚/分、カラー13枚/分、液晶モニタが2.7型で、35枚給紙できるADF、リーガルサイズ対応のスキャナ、FAX機能、ダイレクトプリント機能を持つ。

 HP Officejet Pro 8100は「HP Officejet Pro 8000」(2009年4月発売)の後継機で、8600 Plusと同等の高速プリントが可能な単機能モデル。2型のカラーステータスモニターを備える。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.